デジタルマーケティング

eBayの場合

米国カリフォルニア州に本社を置く多国籍eコマース eBayは、ウェブサイトを通じてC2C、 B2Cの販売を促進しています。2018年のアップデートも含めたeBayのケーススタディを、米国Smart Insightsサイトが紹介しています。

eBayでの購入の半数以上がモバイルから

2010年には9,000万人だったeBay のアクティブバイヤーは、2017年末には1億6,800万人に増えています。現在その約3分の2が国際的な取引です。過去3年間のGMVがほぼ動いていないことから、この先ビジネスを成長させるという面に課題があることが読み取れます。そして現在、GMVの58%がスマートフォンで取引されています。

AI(人工知能)も含めたサービス

eBayのマーケットプレイスは、売り手がオークションや固定価格ベースで、販売するアイテムをリストすることを可能にするサービスとして知られています。特に頻繁なトレーダー向けには、ソフトウェアツールが提供されています。

今日リストの60%以上がソフトウェアによって促進されていると言われます。Shopper機能の新しい例には、Facebookメッセンジャー上の eBay ShopBot があります。これはAIを使って、eBay上の10億件のリストの中から最良の取引を見つけるのに役立つ、パーソナライズされたショッピングアシストを提供してくれます。

リスク要因

詐欺は eBayのようなサイトにとって重大なリスクです。2005年にBBCは、英国内の1万件の取引のうちの約1件が不正であると報じました。0.0001%は小さなパーセンテージのようですが、これを取引数に掛け合わせると、かなりの量であることがわかります。

これに対抗するためにeBayは「信頼と安全プログラム」を開発して、顧客を安心させる努力をしています。たとえば eBayフィードバックフォーラムは、売り手と買い手の資格情報を確立するのに役立つもので、今ではeBay以外のサイトにも多く取り入れられています。

まとめ

このようにeBayはさまざまな要素を最適化してきましたが、ライバルサイトもそれらを改善することで、この先のオンライン市場はより激しい競争の場となることが予想されます。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 企業が消費者の生活の一部に?SNSでユーザーとの交流を促進した事…
  2. 実生活で実装できる5つのSEO戦略
  3. 「Salesforce Pardot」で効率的なマーケティングオ…
  4. 若年層向け動画インフルエンサーを活用したキャンペーンパッケージ開…
  5. Instagramが物語を見せてくれる
  6. マーケティング担当者が避けるべきデータについての5つの偏見
  7. TwitterがTweetstorm機能をテスト中
  8. LINE@とチャットボット型接客ツール「Proactive AI…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行