デジタルマーケティング

昨年の日本のインターネットサービス利用者数ランキング

ニールセン デジタル株式会社は昨年暮れ「2017年の日本のインターネットサービス利用者数ランキング」を発表しました。PC版インターネットでは、4万人以上のオンライン視聴者からデータを収集、この中には家庭だけでなく、職場の2,200人も含まれています。またスマホ視聴率は、iOSモニター4千人とAndroidモニター4千人のアクセスログ情報を元に作成されています。

PC1位は「Yahoo! JAPAN」

スマホ1位は「Google」、TOP10サービスは定着化

スマホアプリ1位は「LINE」、2位以下との差を維持しつつ利用者数を拡大

まとめ

同社のエグゼクティブアナリスト中村義哉氏は、PC、スマホとも、一昨年とほぼ同様のサービスがランクインしていること、PCでは利用者の減少に歯止めがかかり、スマホではトップ10の顔ぶれが固定化する傾向が見られたことに注目しています。ここ数年の傾向では一気にマジョリティになるようなサービスは表れておらず、市場の成熟化に伴って、消費者ニーズが細分化され始めていると分析します。

このような状況の中で、企業は自社のターゲットを十分に理解し、彼らが利用しているサービスを組み合わせながら、コミュニケーションを図っていくことが必要だと勧めています。

参照元:  nielsen
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. コンテンツマーケティングのプロが行うInstagramの戦略3選…
  2. 製品をライフスタイルに溶け込ませたコンテンツでユーザーの想像力を…
  3. 仮想現実の次は拡張現実に注目!ARを活用したプロモーション事例
  4. マーケティングに活用すべき!レビューの効果と事例
  5. 消費者と企業をつなげるライブ配信!Twitter活用中ならPer…
  6. 昔ながらのマーケティング手法をSNSに使ってみよう
  7. 消費者に寄り添ったサービスでビジネスに違いを出す5つのポイント
  8. プレゼント選びをソーシャルメディアでする人が増加。SNSの販促事…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行