デジタルマーケティング

2018年にデジタルマーケティングに起こりそうなこと

欧米のマーケティング担当者は進化を続けて止まないデジタルマーケティングに、今年どんなこと何が起こると予想しているでしょうか。米国ビジネス誌Forbesが伝えています。

1. ネイティブ広告

市場へのリーチ度を高め、ブランドの関連性を強化し、全体的なエンゲージメントを向上させようとする企業は、ネイティブ広告をデジタルマーケティング戦略に導入することで大きな利益を得ることができます。ネイティブ言語と独自のツールを利用して視聴者とのつながりを深めることで、シェアを拡大する機会が増え、ターゲット市場との関わりが深まります。

2. オフラインへもデジタル体験を統合

2018年にデジタルはもはや別個のものとしては存在しなくなるでしょう。それは実生活経験により統合されるようになります。私たちは、オンライン体験がスポーツイベントの開始前に始まり、イベント中も継続するのをすでに体験しています。マーケティング担当者も今年はこれを試してみるとよいでしょう。

3. 音声マーケティング

Googleはモバイルからの問い合わせの20%が音声検索であると発表しています。消費者がAlexaやSiriに 何を買うべきか相談することに慣れるにつれて、音声検索数も増加すると思われます。マーケティング担当者は、これらのタイプの検索をつかむコンテンツを準備する必要があります。

4. 予測アルゴリズム

アプリケーションプログラミング・インタフェースは、機械学習アルゴリズム、自然言語処理、人工知能に開かれています。これによって、あらゆる規模のビジネスがマーケティング費用をより正確に予測し、予算全体を最適化できるようになります。

5. さまざまな種類のコンテンツマーケティング

新しいフォーマットが毎日進化しており、ビデオの人気が高まっているため、コンテンツマーケティングはもはやブログ投稿だけに限られなくなりました。音声検索は多くのコンテンツ戦略を変え、インタラクティブなチュートリアルも登場しています。コンテンツはよりインタラクティブになり、それが他のユーザインタフェース機能と統合されるようになるでしょう。

参照元:  Forbes
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  2. モバイルマーケティングへの投資を考える前に
  3. GIFやライブビデオを含むビジュアルコンテンツに投資しよう
  4. 「メンション」「外部リンク」「ブーメラン」、インスタグラム スト…
  5. マーケティングツール「MIERUCA」にヒートマップ機能が追加へ…
  6. 「文章力を鍛えるWebライティングのネタ出しノート」が相当使える…
  7. 広告レポート作成支援ツール「glu」がTwitter広告に対応
  8. Uberに対応を開始した「オンライン予約サイトHotels.co…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行