デジタルマーケティング

2018年にデジタルマーケティングはどう変わるか

2018年には、デジタルマーケティングにも変化が起こります。以下は米ビジネス誌Forbesが予想する、今年のデジタルマーケティングのトップトレンドです。

1.ソーシャルメディアを介して統合された拡張現実

モバイルデバイスがより強力になり、ソーシャルアプリが拡張現実とよりよく統合されるようになると、企業は拡張現実を使用して消費者との関わりを深めることができるようになります。たとえば、消費者の所在地を使って、企業はその時その場所でのみアクセスできるスポンサー付きの拡張現実コンテンツを稼働させることができます。ポケモンゴーはこのアイデアのパイオニアでした。InstagramやFacebookも、この技術を近々プラットフォームに統合しようとしています。

2. インフルエンサー市場の崩壊

米国ではインフルエンサーマーケティングは数百万ドルビジネスとなっていますが、これはそれ以外のマーケティングから得られる結果を測定していないか、あるいは見逃していると言えます。この先少数の特定個人のインフルエンサーへの投資は減り、草の根プロモーションに移行したり、人目は引いてもROIの低い中間層のインフルエンサーから企業は離れるようになるでしょう。

3.顧客の旅への真の理解

データ駆動型のマーケティングは強力なツールですが、そのデータが顧客の旅にどう変換されるかは、今年のデジタルマーケティングの成功に最も重要です。データを使って 購入過程の段階ごとに顧客の位置を確認し、何が彼らを魅了するかを学んで、マーケティングをデザインするようにしましょう。

参照元:  Forbes
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  2. 「Messenger Lite」の提供地域拡充は日本のマーケティ…
  3. LINEでおすすめ商品を顧客別にメッセージ配信するサービスが提供…
  4. 「ユーザー生成コンテンツ」がソーシャルメディアマーケティングを変…
  5. Uberに対応を開始した「オンライン予約サイトHotels.co…
  6. 老舗企業こそコンテンツマーケティング!創設100年以上のGEの戦…
  7. Facebook上のマーケティングはエッジランクを意識!ファンの…
  8. Facebook、百万人の事業主にデジタルリテラシー訓練を約束

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行