デジタルマーケティング

デジタル時代の口コミ

口コミは、これまでも常にマーケティングの強力な方法でした。しかしマーケターたちは、口コミを最大限に活用するのにしばしば苦労しています。マーケティングのその他の分野と同様、今日では口コミもますますデジタル化されています。

BrightLocal 消費者レビュー調査(2017)の結果

以下は、米国の消費者1,031名を対象に行われた調査結果を、business.comサイトが分析したものです。

92%の消費者は、ブランドから直接来る広告やコンテンツより、他の消費者のレビューやインフルエンサーの推奨を信頼しています。現代の消費者、特にミレニアルズは、友人やお手本となる人物が支持するものに基づいて選択を行っています。広告のブロッキングがますます頻繁になるにつれ、広告に大きな予算を費やしている企業では、視聴者にアプローチすることがますますむずかしくなっています。

この調査結果では、デジタルの口コミの重要性が再確認されています。より多くの人がオンラインレビューを探しており、ローカルビジネスが良いかどうかを判断するためにそれを使っています。93%の消費者が、ビジネスの良しあしを判断するためにレビューを読んでいます。

レビューを読んだ後の行動

以下のグラフの水色は2016年、紫色は2017年を示しています。

2016年と2017年を比べると、肯定的なレビューを読んだ後の消費者が企業のウェブサイトを訪れる可能性は減り、その代わりに、デジタル口コミの真偽を確認するために、より多くのレビューを探すようになっているのがわかります。

偽ニュースとポスト真実(客観的な事実よりも、個人の感情や信念に訴えかけることが世論形成に影響を持つ状況)の時代に、「信頼」はオンラインで情報を消費する重要な側面となっています。企業がオンラインコンテンツの真正性を確立することは、ますます不可欠です。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2018年1月にオープン予定!駐車場上の空間を活用した飲食店
  2. Facebookの動画優先アルゴリズムを利用したキャンペーン
  3. 史上空前のヒット「ポケモンGO」から学ぶコンテンツ作りとマーケテ…
  4. あなたのブランドはサイバー攻撃から守られているか
  5. 「FRESH! by AbemaTV」配信事業者向けに広告機能を…
  6. 小さな子供を持つ母親のことを考えた航空会社のプロモーションとは?…
  7. 販売ではなく顧客とのつながりを目的に。ピンタレストのお買い物ピン…
  8. マーケティングのROIを証明できますか?

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行