デジタルマーケティング

企業のFacebookページのための5つのヒント

Facebookは企業に新しい商品やサービスを紹介したり、顧客サービスを提供するプラットフォームを提供しています。現在Facebookには7千万社を超える企業があるそうです。Small Business Trendsサイトは、企業のFacebookページのためのヒントを紹介しています。

1.あまり頻繁に投稿しない

フォロワーのニュースフィードの過密化を避けるため、投稿は1日に1~2回にしましょう。この例外として、レストランなどでは、本日のスペシャル、ライブミュージックイベントなどをより頻繁に投稿するとよいでしょう。投稿に最適な時間帯は午後1〜4時とされていますが、これも投稿内容によって違ってきます。

適切な投稿頻度は、フォロワーの数にも左右されます。フォロワーの少ない企業では、投稿頻度が低い方がエンゲージメントが向上します。

2. 自社ビジネスだけについて投稿しない

不動産業、介護、弁護士などのビジネスでは、自社の宣伝は投稿の20%以下に抑えるべきです。前記のようなレストランや、新着アイテムのある衣料品店などなら、より頻繁に宣伝してもよいでしょう。

3. 写真やビデオを忘れない

写真やビデオがあると投稿はページビューが上がります。消費者は顧客経験や、ビジネスが顧客に何をしているかを聞きたがっています。従業員が仕事について語るビデオや、顧客の体験談のビデオを投稿するとよいでしょう。ビデオはスマートフォンで簡単に作れます。長すぎないよう、1分半~3分以内を目安にしてください。

4. 顧客を遠ざけない

政治や宗教についての見解など、顧客を遠ざける内容の投稿は避けましょう。顧客はビジネスが提供するものだけでなく、ビジネスオーナーにも目を向けることがあります。あなたのFacebookの個人ページにも注意を払ってください。

5. ネガティブなレビューで論争しない

ネガティブなレビュー用の回答を、前もって用意しておきましょう。否定的なレビューへの適切な対応、取引への感謝、悪い経験に対する謝罪、状況を処理中/すでに処理されていることの説明は常に必要です。いずれにしても、否定的な論争には短く応え、エスカレートさせないようにしてください。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. パソコンとモバイル、SEO対策の違いを知ってクリック率増加
  2. 手順説明にGIFを活用!Twitterでも文字数を気にせず有益情…
  3. 電通アイソバー、Adobe Analyticsの導入・活用支援サ…
  4. 最も人気のあるソーシャルネットワーク
  5. VRにウェアラブルデバイス。CESで話題になったトレンドトピック…
  6. ツイートボタンを活用!消費者に製品の推薦をTwitterで促す方…
  7. 検索結果に表示する「Search Ads」、ピンタレスト広告機能…
  8. YouTubeが購入型コメント権「Super Chat」導入

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行