デジタルマーケティング

ソーシャルメディアをビジネスに使うとき最も注意すべきこと

ビジネス推進のためにソーシャルメディアを利用するとき、気をつけなければならないことはたくさんありますが、米right mix marketingサイトは、以下の2点を特に強調しています。

1.独自のハッシュタグを作るなら

企業はふつうソーシャルメディア上でハッシュタグを使用して、自社製品やブランドを宣伝しています。また、キャンペーンのインタラクションを向上させるためにもハッシュタグは使われています。

独自のハッシュタグを作る場合は、それが二重の意味に解釈されたり、好ましくない反応の原因にならないかを、事前によく確認してください。そのためには以下のことをチェックしましょう:「ハッシュタグがスラングに似ていないか」、「このハッシュタグが複数の意味に受けとられないか」、「このハッシュタグの潜在的なリスクは何か」、「このハッシュタグは、何らかの意味を伝えているか」。

ハッシュタグは、ソーシャルメディアの非常に強力なコンポーネントの一つです。間違った使い方をすると有害になりますから、使用前のチェックを怠らないようにしましょう。

2. ソーシャルメディア上で問題が起こった場合

視聴者が非常に怒っている場合など、問題の発生時には冷静に対応します。あなたの意見を主張したり、投稿を削除したりすることは、あなたの企業の評判をさらに大きく傷つけることになるので避けましょう。対応の遅れは、顧客のことを考えていないと解釈されますので、すばやい対応が必要です。Twitterの場合、妥当な対応時間は15分以内とされています。

まとめ

ソーシャルメディアで魅力的なキャンペーンをまとめるために、必要な作業量を過小評価することはできません。また、あなたが作り出すすべての投稿がヒットするわけではありません。ただ、間違いを避けるために最善を尽くすようにしてください。適切な計画とその実行により、あなたのソーシャルコンテンツは徐々にあなたのブランドの忠実なコミュニティを築く役割を果たしてくれるようになるでしょう。

参照元:  right mix marketing
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Spotifyが広告配信サービス「Branded Moments…
  2. 本当にリードを獲得できる、リードマグネットの作り方
  3. ニッチな市場へアピールしてみよう
  4. VineがVine Cameraへ。動画マーケティングの後押しに…
  5. 消費者が読みやすいコンテンツは?文字数を制限してシリーズものに
  6. 没入感の高いFacebookの360度動画コンテンツ3選
  7. VRにウェアラブルデバイス。CESで話題になったトレンドトピック…
  8. Instagramの複数投稿の活用法。ハウツーとして情報発信

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行