デジタルマーケティング

Twitter、ユーザ数を誤算

Twitterは先月、第3四半期の業績報告を発表しましたが、何百万人ものユーザ数を計算違いしていたことが明らかになりました。米国Small Business Trendsサイトが伝えています。

ユーザ数の誤算

Twitterの第2四半期の月間アクティブユーザ総数は、当初の報告では3億2,800万人でしたが、実際には3億2,600万でした。Twitterは現在3億3,000万人のアクティブユーザを抱えているとしています。つまり第2四半期から増えた数は200万人ではなく、400万人だったことになります。

誤算の原因

Twitterはこの誤算を、2014年第4四半期以降、含まれるべきではなかった特定の第三パーティアプリケーションのユーザが計算に含まれていたためのカウントエラーだと説明しています。

以前の計算には、過去の製品であるDigitsのすべてのユーザが含まれていました。これらのユーザは、電話番号だけで第三パーティのアプリケーションにサインインすることができますが、Digitsにアクセスしているというだけで、彼らがTwitterを使用していたとは限りません。またTwitterは第1四半期または第2四半期完了前に、このDigitsをGoogleへ売却しています。

過去にさかのぼった調整は、Twitterのユーザ成長率をより良く見せますが、間違った数に惑わされた投資家を誤解させる可能性もたしかにあります。

その他の統計

Twitterの収益は、昨年同期(6億1,600万ドル)と比較して、約4%低下(5億900万ドル)しています。一方、第3四半期の損失総額は2,100万ドルと、昨年同期の赤字額(1億300万ドル)から大きく減っています。

CEOのジャック・ドーシー氏は「この四半期には、視聴者とのエンゲージメントの拡大、収益成長へのリターンの促進、過去最高の収益性を達成した。製品に対して行っている改善で、ユーザを毎日Twitterに戻すことができている」と語っています。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. SNSを使って年齢別ターゲット層へアプローチする方法
  2. 購読者がビジネスメールをスパムと判断する理由
  3. フェイスブックの新機能「360動画」で、情報だけでなく体験を届け…
  4. テレビの視聴データなどをベースにした動画CMのターゲティング配信…
  5. ブログマーケティング入門
  6. ビデオを使ったストーリーテリングの4原則
  7. アタラが豊富なノウハウでダッシュボード構築・運用コンサルを提供へ…
  8. Instagramが物語を見せてくれる

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行