マーケティング全般

データを使って戦略を調整しているマーケターは27%のみ!

現在ビジネス界全体で、データ主導のアプローチが採用されています。しかし「中小企業の多くが、マーケティング戦略を調整するためにデータを活用していない」という新たな米国の調査結果が明らかになりました。米国 Small Business Trendsサイトが報告しています。

イテレーションを使うマーケティング担当者は少数

TrackMavenの2017年マーケティングリーダーシップ調査によると、マーケティング担当者の47%は事後検証のためにデータを使用しています。テストとベンチマーキングを使用して戦略を常に調整しているのは、マーケティング担当者のわずか28%です。

マーケティング担当者のマーケティングの目標

ソーシャルメディアマーケティングの目標については、61%のマーケターが「売り上げを増やすこと」と答えています。「顧客とのエンゲージメントの拡大」と「ブランド認知度の向上」がそれぞれ52%でそれに続いています。

デジタルマーケティング戦略に大きな役割を果たすアナリティックス

また回答者の87%が、アナリティクスがデジタルマーケティング戦略全体にとって重要または、非常に重要だと答えています。51%が、分析を行う場合マーケティングチームが独自の分析を行っているとしています。これはユーザフレンドリーな分析ツールを利用すると、誰でも簡単に分析ができることを示しています。

企業がデータを活用するためのヒント

業界には、ビッグデータは大企業のためのものという誤解があります。しかし中小企業にもビッグデータは必要なのです。実際、分析についての適切な知識が不足していると、中小企業は成長の機会を失ってしまう可能性があります。

中小企業が特定のデータポイントにアクセスしてパフォーマンスを評価できるようにするHubSpotやTableauなどの便利なツールもいくつか存在しています。

まとめ

適切なデータ戦略を採用することで、中小企業はより多くの利益を得ることができます。データセットを視覚的に表示すれば、ビジネスオーナーは推測ではなく事実に基づいて正しい質問をし、意思決定することができます。その結果、重要なテクノロジー、人材、リソースをより適切に配分することができるようになるのです。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「Facebook Messenger」のBotを活用したマーケ…
  2. ソフトバンク・テクノロジーがチャットボットでのBtoB営業支援ツ…
  3. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ
  4. インスタグラム新ショッピング機能をテスト。導入後は製品の売買が手…
  5. フェイスブックページに「サービス」タブが追加され、視覚的にサービ…
  6. Googleにランクインするまでにかかる時間
  7. フェイスブックページ・ツイッター・グーグルプラスの効率的な運用方…
  8. ドメインネームにキーワードを含めるべきか?

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行