Webマーケティングニュース

Twitterをビジネスで活用するデメリットはある?知っておきたい3つのポイント

ツイッターをビジネスで活用するにあたり、メリットばかりが挙げられていますよね。そのため、あまりデメリットが知られていないという事態に陥っています。そこで、今回はビジネスでTwitterを活用するにあたり、どのようなデメリットがあるのか詳しく解説していきます。

勤務時間外の対応が必要になることが多い

Twitterはユーザーのライフスタイルに合わせて投稿しなければならないため、早朝や休憩時間、出勤時、帰宅後など勤務時間を問わずに対応しなければならない、ということが少なくありません。
こうした、勤務時間外の対応が増えると、担当者の負担も同時に増えてしまう傾向にあります。

効果測定が難しくなる

ウェブサイトであれば、専用のツールやソフトウェアなどで比較的簡単に効果測定が行えますし、そういったツールなどは豊富です。しかし、Twitter上での効果測定となると、とたんに難しくなってしまいます。
そもそも、膨大な数のユーザーの中から、顧客情報を分類したり、反応やアクセス、売り上げとの関係性に至るまでを測定するのは簡単なことではありません。さらに、まだまだTwitter専用のツールやソフトウェアが少ないことから、ウェブサイトやページなどでの効果測定と比べるとやややりにくいといったデメリットがあります。

実名や顔写真を掲載すると後任しにくい

ユーザーから大きな反応を得るには、実名でのTwitter活用や顔写真が必要です。実際に、Twitterを活用する企業の中にはこうして名前と顔写真を公開しているケースがありますが、この場合、万が一担当者が担当から外れたり、退職したりしてしまうと、ユーザーが「後任する次の担当者」を受け入れるまでに時間がかかるというデメリットがあるのです。

 

執筆:粕谷 麻衣

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 高額商品こそLINEで売れ!中古車販売店が提携
  2. 注目の新機能!Instagramのスライドショー活用アイデア3選…
  3. まるでショーウィンドウ?ピンタレストのトップに製品をディスプレイ…
  4. オウンドメディア運用に使える「BiND for WebLiFE*…
  5. 企業マーケティング担当者の今年の最優先事項は?
  6. Instagram Storiesがパワーアップ!スタンプなど新…
  7. Snapchatでロイヤリティプログラムの宣伝!ジオフィルターを…
  8. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行