Webマーケティングニュース

MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由

業務の効率化や円滑化などを目的として導入が進められているMA(マーケティングオートメーション)。しかし、実際に導入をした企業の中には「導入失敗」といった結果に陥ってしまったケースも多数存在します。

MAとは?

そもそもMAとは何なのでしょうか?MAとは、一言で言えば「作業の自動化」です。「マーケティングオートメーション」という名前から誤解されやすいのですが、マーケティング業務に限らず、データの処理やメール・チャットの応答、解析など、ビジネス上のあらゆる業務を自動で行います。そんなMAの導入が失敗に終わる理由とは一体何なのでしょうか?

理由1 機能が複雑な商品を利用している

MAの種類は非常に豊富です。必要最低限の機能のみが完備されたシンプルなMAから、複雑な処理も担えるMAなど。幅広い商品が現在販売されています。そのため、企業の規模や業務内容をよく把握し、どの作業をMAで対応するのかを明確にしたうえでどのMAを導入するかを慎重に検討する必要があります。特に「機能が複雑な商品」は、結局使いこなせないまま他のMAよりも高い出費となって終わってしまうことがあるため注意が必要です。

理由2 設計不十分なまま導入している

MAは購入後すぐに活用できるわけではありません。企業の業務内容に合わせて適切な設計を行う必要があります。設計不十分なままでの導入はシステム上での不具合や、結局不足部分を人手で行うといった状況に陥ってしまうため、MA導入前にそもそもMAをある程度扱える人材がいるか、もしくは操作や設定などがシンプルなものかどうかをチェックする必要があります。

理由3 人的なリソースが足りていない

見込み客の確保、コミュニケーションの継続、などにあたり人的なリソースが不足していることは深刻な問題です。価値あるコンテンツを提供することはもちろんのこと、コンテンツの戦略を考えたり、効果測定などのような分析も必要です。環境が整っていないとMAを十分に活用することが難しく注意点が必要です。

執筆:粕谷麻衣

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 【コラム】オウンドメディア運用における、SEO記事とバズる記事の…
  2. 2/24(土)のガンバ大阪vs名古屋グランパス戦でLinkRay…
  3. Instagramの複数投稿の活用法。ハウツーとして情報発信
  4. フリーランサーをもっと活用するために企業ができること
  5. 欧米の消費者はどのチャネルで製品を研究しているか
  6. シニア層向けのスマホ対策がマストな時代|シニアとデジタルモバイル…
  7. ブランドへの忠誠心は死にかけているのか
  8. ウォルマートとテンセントが戦略的パートナーシップを提携

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行