デジタルマーケティング

ソーシャルメディアごとにコンテンツをカスタマイズしよう(1)

Facebook、LinkedIn、Instagram、Twitter は皆ソーシャルメディアですが、どれ一つとして同じものはありません。しかし多くのマーケターが、同一のコンテンツをすべてのソーシャルメディアに投稿しているのではないでしょうか。この方法ではたしかに時間はかかりませんが、それぞれのプラットフォームに異なったタイプのユーザがいることを無視しています。

全てのコンテンツを全てのプラットフォームに投稿するのではなく、それぞれのプラットフォームが持つユニークな特性を利用することを、米サイトSmart Insightsは勧めています。

1. Facebook

オンラインユーザは6分に1回、モバイルユーザは5分に1回Facebookを見ていると言われます。つまりFacebookには常にオンラインショッピングの様々な段階のユーザがいるということです。何かを買おうというはっきりした意志を持たずにFacebookを眺めている人へは、あなたの製品やサービスを紹介するコンテンツのリンクを貼って、あなたのサイトに導き入れましょう。

インプレッション数、インプレッション単価、リーチをトラッキングすることでその成功度を測ることができます。サイトの訪問状況を分析してカスタムオーディエンスを築き、彼らを購入者に変えるようなコンテンツを送りましょう。

2. LinkedIn

LinkedInは焦点がビジネスである点が、他のSNSと違っています。B2B企業には価値あるプラットフォームと言えます。このプラットフォームでは、ブランドの信頼性を確立して、他社とのつながりを育て、明確な「行動喚起」や関連性あるコンテンツを提供することに集中するとよいでしょう。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マーケティング担当者が避けるべきデータについての5つの偏見
  2. 今すぐ見直し!入力フォーム最適化10ポイント
  3. デジタルステージ「BiND9」発売でついにCMSを導入
  4. 越境ERC×動画コンテンツの配信・販売実験が開始!
  5. Facebookニュースフィードからの企業締め出しは、悪いことで…
  6. Facebookの中小企業にやさしい動画制作者向けツール
  7. 米国のソーシャルメディアユーザの人口統計
  8. 2018年のマーケティングにSnapchatを活かすために

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行