デジタルマーケティング

ウェブサイトはリニューアルすべきか

ビジネスのウェブサイトを運営していると、サイトのリニューアルは行うべきか、行うべきなら最適な時期はいつか、という疑問がわいてきます。ウェブメディアは更新が早く、ユーザは絶えず新しい刺激を求めています。一般的には少なくとも2~3年に一度リニューアルをすべきだと言われていますが、デジタルマーケターのニール・パテル氏は「リニューアルは決してするな」と言っています。

リニューアルをすべきでない理由

たとえあなたのサイトが古く見えても、ビジネスが上手く運営されている時のサイトリニューアルは決してすべきではありません。それが斬新なデザインになって、アップロードする時間が短縮されても、ビジネスの収益が上がるとはかぎらないからです。

サイトのリニューアルをする時、多くの人はコンバージョンの最適化のことを忘れています。新しいデザインが、もとのデザインより収益を上げるということがどうしてわかるでしょう。もちろんそうなれば素晴らしいことですが、そうならなかった時には収益を減らすことになってしまいます。

サイトが古くなったらどうすればいいか

では、サイトが古臭くなった時にはどうすればいいでしょうか。サイトのデザインはブランドを表すものでなければいけませんよね。

このような時にはエレメントごと、ページごとに変更を加えて、A/Bテストを行います。見込客に一つのページ(A)ともう一つのページ(B)を半数ずつ表示して、それぞれのパフォーマンスをオンラインで実験するのです。英語サイトでは Optimizelycrazyegg などを使って、どちらがより収益を上げるかを見ることができます。

サイトを一新させたいなと思った時にも、いったん足を止めて、収益を落とさない方法を考えてください。

参照元:  NEILPATEL
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ニールセンデジタルが「Twitter」の広告視聴率測定を日本でも…
  2. もっとLinkedInを使ってみよう
  3. インテージがマーケティング支援データの連携活用サービスを開始へ
  4. インスタグラム新ショッピング機能をテスト。導入後は製品の売買が手…
  5. 企業が行う社会問題の認知度増加のためのキャンペーン事例
  6. スヌープ・ドッグに学ぶブランディング!発言に一貫性を持つことがポ…
  7. ソーシャルシェアを増やす5つの術
  8. 初心者向けコンテンツは危険?読まれにくいソーシャルメディアのコン…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行