デジタルマーケティング

読まれないコンテンツを書かないための5つの工夫

ブログライティングでは、誰でも最高のコンテンツを作ろうと努めますが、それでも書いたものが注目を集めるという保証はありません。北米誌Entrepreneurから、読まれるコンテンツの作り方をご紹介します。

1.競合ポストをリサーチする

あらゆることが語りつくされているマーケットのような分野では、まったく新しいトピックを見つけることは不可能です。書きたいトピックが見つかったら、それについて書かれたコンテンツを調べてみましょう。あまりにも多くの記事が存在しているなら、そのトピックを選ぶのはいいアイデアとは言えません。多くの記事があっても内容が古い場合には、書くのに適した機会だと言えます。

すでに素晴らしいコンテンツが存在する時は、違った角度から書くのも手です。既にあるコンテンツが深い内容なら、幅広く扱ってみましょう。幅広くカバーしているなら、深く掘り下げてみましょう。型にはまらない考え方と、新しい見地からのアプローチは常に有効です。

2.トピックのアイデア

トピックのアイデアは検索から見つけられます。オンラインで人々が質問していることからアイデアを拾います。その質問へどう答えられるか考えてみてください。人々は知りたいと思うことを検索します。それが彼らの関心事なのです。

3.ポストの品質

Googleのアルゴリズムはコンテンツの品質を分析しています。手を抜かず、時間と労力を惜しまず、出典を記載し、リサーチし、データを分析してください。キーワードを気にせず、価値のために書いてください。

4.コンテンツの量

以前は1つのトピックに何百ものコンテンツを公開して、オンラインプレゼンスを作るのがマーケティング手段でした。Googleがそれを止めた今は、少数の高質なコンテンツの方が良い場合があります。有名ブログでは週1~2回の投稿でも内容が優れていれば上位にランク付けされています。

5.プロモーション

プロモーションは、RSSからの自動ソーシャル共有を設定しておしまいではありません。他のブロガーや、そのトピックについて質問している人々を見つけて、記事を共有します。 お金を払った広告も使いましょう。プロモートはあなたの責任です。これらを行えば、ほとんどのコンテンツはある程度のレベルの露出を得ることができます。

参照元:  Entrepreneur
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイト…
  2. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応
  3. Instagramと連携可能!おすすめのマーケティングツール(後…
  4. 日立製作所がAIを活用した「顧客ロイヤルティ向上サービス」を開始…
  5. 小売業向けに効率化された「see-port Analysis」が…
  6. 2018年にマーケターが知っておくべきInstagramの8つの…
  7. 2017年のTwitterマーケティング総復習
  8. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行