Webマーケティングニュース

SNSをマーケティングに活用するなら使い分けが重要なポイントに

昨今のWebマーケティングではSNSの活用が不可欠となっています。しかしSNSと一言で言っても様々なサービスが存在し、特徴もそれぞれ異なります。その特徴を理解し、適切な使い分けをしなければ最大限の効果を得ることは難しいでしょう。そこでこの記事では、主要SNSのそれぞれの特徴についてご紹介するので、使い分けの参考にしてみてください。 

拡散力ならTwitter


Twitterは若い世代を中心に、日本では特に人気があるSNSです。匿名性が高いこともあり、圧倒的な拡散力が特徴です。国内の月間アクティブユーザー数も4,000万人と安定した人気を誇ります。一般ユーザーはもちろんですが、企業や芸能人、政治家などの著名人も多く使用しており、有名人と触れ合える場としても人気です。

そんなTwitterをマーケティングに活用するには、やはり拡散を狙うことが有効です。そのためには若い世代に支持されるキャッチーなコンテンツを作る必要があります。真面目なイメージが強い企業が笑いを取るようなコンテンツを作ってみたり、一見ふざけた内容のテーマに対して想定外の真面目な見解を発表してみたりするなど、ギャップを作ることで話題となり拡散されやすくなります。拡散狙いはリツイート数ではっきりと答え合わせができるので、様々な角度からコンテンツを作っていけばどういったものが拡散されやすいかもわかってくるでしょう。 

ブランディングに使いやすいFacebook


Facebookは国内の月間アクティブユーザー数2,700万人とTwitterには劣りますが、世界で見るとユーザー数18億6,000万人と圧倒的な人気を誇ります。このようにFacebookは世界で最も使われているSNSですが、国内で見ると伸び悩んでいるのが現状です。しかし原則実名性ということで他のSNSとは一線を画す存在であることは間違いなく、企業のブランディングとしては活用しない手はありません。

Twitterのようにキャッチーなコンテンツでの拡散狙いというよりは、日々の社内風景の紹介や新商品のプレスリリースのような使い方が向いています。自社がどんな会社なのかをアピールすることに活用していくことで、ブランディングを確立させることに繋がります。 

若年層へのリーチはInstagram

順調にユーザー数を伸ばし、今世界で最も勢いのあるSNSがInstagramです。月間アクティブユーザー数は1,600万人ですが、1年半で2倍に増えているのでその勢いは驚異的です。10代や20代の女性を中心に爆発的な人気を得ており、この勢いは今後しばらく衰えないことでしょう。

Instagramの特徴は他のSNSとは異なり画像メインの投稿という点です。いかに魅力的な画像をアップできるかが最大のポイントとなります。芸能人アカウントが注目されがちですが、一般ユーザーからもインフルエンサーが生まれているので、今後も大きな可能性を秘めていると考えられます。

企業のマーケティングにも利用しやすく、自社の商品を魅力的に撮影して投稿するだけでも大きな拡散を生み、知名度を向上させることができます。100円ショップのキャンドゥがInstagramをうまく活用していることでも有名です。Instagramで投稿した商品の売り上げは、翌週にはなんと 150~200% になっていることもあるようです。Instagramはそれだけの影響力のあるSNSなので、企業は積極的に活用していきたいですね。特に10~20代の客層を集客したい場合には抜群の効果を発揮してくれるでしょう。 

圧倒的存在感のLINE

日本では使用していない人を探す方が難しいのではないかというほどの普及率を誇るのがLINEです。世界的に見るとFacebookなどには遠く及ばないユーザー数ですが、国内の月間アクティブユーザー数で見るとFacebookやTwitterに大差を広げてダントツのトップという国内特化型SNSのようなポジションとなっています。アジア圏を中心に徐々に世界でもユーザー数を増やしてきてはいますが、現状は日本が主戦場となっています。すでに日本では連絡手段にメールよりもLINEを使用する人が圧倒的に多く、LINE LIVEやLINE NEWSなども含め完全に生活の一部として定着しています。

そんなLINEのビジネス利用ですが、 LINEビジネスコネクトやLINE@ をマーケティングに活用すると有効です。LINE@はこれまでのメルマガと似た役割を果たしてくれるので、企業がフォロワーに一斉通知を送ることができます。メルマガは到達率が低い問題などもあり、登録者数に対して実際に読まれている率が低いことが課題でしたが、LINE@では未達の心配はなく開封率も非常に高くなります。

読んでもらえる環境は整っているので、あとはいかに魅力的な商品やサービスを提案できるかです。LINEビジネスコネクトの活用事例も増えてきているので、そういったデータも取り入れてマーケティングを行っていけば、国内で圧倒的なユーザー数を誇るLINEはマーケティングに欠かせないツールとなるでしょう。 

今後の注目はMastodon

既存の人気SNSに割って入ろうと急速にユーザー数を伸ばしているのがMastodonです。日本での知名度はまだまだで、流行に敏感な人の間で話題となっているレベルです。ユーザー数も100万人にも届いていないのが現状ですが、一部では雰囲気が黎明期のTwitterに似ていると話題で今後人気が爆発する可能性も秘めています。

最新SNS情報に敏感な層にも最も注目されているSNSなので、今後の動向には注目する価値があるでしょう。現状ではマーケティングに使用しても大きな効果は期待できませんが、時代を先取りする意味では今から始めて下地を築いておくのも良いかもしれませんね。 

まとめ

様々なSNSが存在していますが、日本国内において企業レベルでマーケティングに効果を発揮してくれるのは今回紹介したSNSがメインとなります。現状で自社商品と最も相性が良さそうなSNSをメインに活用していき、同時進行で今後伸びてきそうなSNSにも先行投資できると理想的です。今回ご紹介した内容を参考に、SNSをうまく使い分けてマーケティングに有効活用してみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表
  2. SNSでコンテストを開催。いいねを集めて多くのオーディエンスにア…
  3. 「ChatLuck(チャットラック)」が新バージョンの提供を開始…
  4. ドイツのビール会社が考えたポイ捨てを防ぐ缶ビールとは?
  5. ソーシャルメディアに共感を呼ぶストーリーテリングを。活用事例を紹…
  6. 若年層向け動画インフルエンサーを活用したキャンペーンパッケージ開…
  7. フェイスブックに動画は有効か!?動画制作の依頼方法とコスト削減
  8. O2Oマーケティングの成功事例をご紹介

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行