マーケティング全般

もっとLinkedInを使ってみよう

日本人はLinkedInを使わないことで有名です。LinkedInはビジネスに特化したSNS。欧米では初対面の相手と仕事をする際、必ずこのLinkedInを検索するのが習慣になっています。それでは日本のビジネスパーソンはどうしてこれを使わないのでしょうか。

名刺があるじゃないか

ごもっともです。日本では仕事始めに名刺交換をします。名刺に書かれているのは、所属組織名、肩書き、氏名と連絡先です。日本人同士の顔合わせは、大方これで済みます。欧米でも名刺は使いますが、それよりもメインなのがLinkedInです。

LinkedInには何が書かれているでしょうか。名前、現職、前職、出身校、フォローしている団体、同僚、ボランティアの経験、キャリア上の人脈、一緒に働いた人からの任意の推薦の言葉、お互いのスキル評価等々、実に詳細に書かれています。もちろんこれは本人次第ですから、出身校名は出しても専攻は書きたくなければそれでいいのです。

オンライン上の履歴書

LinkedIn使用者はこのSNSをリクルート用にも使いますから、アピールしたいスキルや仕事上の経験を事細かに書き込み、ポートフォリオやビデオ、リンクを付け加えたりもします。要は自分がどんな人間で、どんな職業経験があるのかを、この先一緒に働くかもしれない人に説明する場なのです。オンライン上の履歴書のようなものですから、写真も付いています。

外国のビジネスシーンでは初対面の人と会う前に、たいていLinkedInで相手の人となりを把握します。この先ますますバーチャル化するビジネス界。自己紹介の控えめな日本人も、相手に自分を素早くわかってもらうプレゼンの準備として、LinkedInを使ってみてはいかがでしょう。

執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. AI時代のマーケターは言葉を選ぶ力も必要
  2. Googleにランクインするまでにかかる時間
  3. マイクロソフトのSNS活用術。ハッシュタグでブログアクセスをアッ…
  4. アメリカNFLのチーム実践。SNSでユーザーと交流して絆を強める…
  5. 強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素
  6. SNSのリーチ、インタラクション、フォロワーを増やす新しい方法
  7. 米ヤフーがコンテンツマーケティング支援会社「Storytelle…
  8. 【コラム】編集権を自社が握ると、面白みが無くなりがちなオウンドメ…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行