デジタルマーケティング

成功したコンテンツを最大限に活用する3つの方法

内容の濃いコンテンツの大切さはわかっていても、コンテンツを作り出すのは至難の業です。ユーザのニーズやパターンを把握できても、それをバイラルなコンテンツに仕上げられるとは限りません。米国のマーケティングサービス企業HigherVisibilityのブログでは、過去にヒットしたコンテンツの再利用の方法を紹介しています。

1.成功したコンテンツをさまざまなプラットフォームに再掲載する

あなたの記事の全てをワードプレスのブログに投稿し、SNSチャネルに共有することは当然ですが、その他の場所にも投稿することができます。たとえばMediumLinkedInにはビルトインの聴衆がおり、より多くのビューや共有を期待できます。このようなプラットフォームにトップコンテンツを再掲載することで、より多くのユーザを対象にすることができます。

2.トップコンテンツをリサイクル、改訂、更新する

すでにヒットしたコンテンツに微調整を加えることで、新しく関連性の高いものにすることができます。ブログ投稿のトラフィックと分析を見て、成功した投稿を特定します。それに新しい情報、写真/グラフィック/ケーススタディ/統計など、更新するために追加または置換えられるものがあるかを確認します。

3.古いコンテンツから新しいアイデアを発信する

成果の高いコンテンツから、新しいアイデアを絞り出すこともできます。データ重視の技術的な記事の寿命を伸ばすには、同じ素材を視覚的にインフォグラフィックで表してみます。また人気のあるトレンディなトピックがあったら、それをポッドキャストやFacebookのライブビデオに変えてみることもできます。最も興味深いコンテンツをさまざまなコンテンツ形式で試すことから、将来のトピックを特定することができるのです。

参照元:  HigherVisibility
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 音でユーザーの状況を把握し、広告配信できるシステム発表
  2. バズらせるだけの時代から進化するコンテンツマーケティング
  3. Instagram Storiesがパワーアップ!スタンプなど新…
  4. マーケターが見る「マーケティングプラン成功への重要課題」
  5. 2018年にデジタルマーケティングに起こりそうなこと
  6. オリジナル絵文字でCTAの促進も!ソーシャルメディアの絵文字活用…
  7. スターバックスに学ぶ季節に合わせたマーケティングで注目を集める方…
  8. LINEを活用したデジタルマーケティング

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行