Webマーケティングニュース

ソフトバンク・テクノロジーがチャットボットでのBtoB営業支援ツール開発へ

ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、チャットボットを活用した企業向け営業支援ツールである「Dynamics 365 活動報告用 BOT」を開発したことを2017年5月22日発表いたしました。2017年7月の製品化に向けて、まずは自社で先行導入し改良を行っていきます。 

開発に至った背景

「Dynamics 365 活動報告用 BOT」は、働き方改革の一環である営業生産性向上を狙うために開発されました。その背景には、営業活動による顧客との関係性向上の重要性が強まる一方で、CRMシステムを導入すると一度会社へ戻らなくてはならないなどの理由で働き方に影響が出るなど、CRMシステムを使いこなせていない現状がありました。今回の新サービスではチャットボット機能により企業のシステム使用の負担を軽減することが期待されます。 

「Dynamics 365 活動報告用 BOT」の概要

「Dynamics 365 活動報告用 BOT」とは、Skype for Business BOT Framework (Preview) を使用したツールとなります。Skype for Business Onlineを使って活動報告用チャットボットに話しかけるだけで内容を登録できるという優れものです。スマートフォンやタブレットからも使用可能で、営業先でも打ち合わせ後すぐに内容を登録できるのでスピーディな情報共有が実現します。 

まとめ

ツールへの登録が音声で行えるだけでなく、チャットボット側が報告事項を自動的にナビゲーションしてくれたりと、情報の管理は非常に効率化されることが期待できます。スマートフォンやタブレットからでも使用できることも嬉しいポイントで、営業先から一度会社へ戻る必要性がなくなるため働き方にも自由度が高まることでしょう。 
 
参照元:ソフトバンク・テクノロジー
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「AIR TRACK」高精度来店検知サービスを追加で広告配信を最…
  2. コンテンツマーケティングのプロが行うInstagramの戦略3選…
  3. 「yenta」がGoogleカレンダーと連携しマッチング後のビジ…
  4. チャットサポートプラットフォーム「DECAds Chat Edi…
  5. 後姿にインタビュー。独自視点を持つInstagramアカウントを…
  6. 日立製作所がAIを活用した「顧客ロイヤルティ向上サービス」を開始…
  7. 購読者がビジネスメールをスパムと判断する理由
  8. eメールシグネチャーを使ってトラフィックを増やす方法

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行