Webマーケティングニュース

ソーシャルPLUSとProbanceが連携しLINEログインを通してのID連携が実現

株式会社フィードフォースは、自社が提供する「ソーシャルPLUS」と、株式会社ブレインパッドが提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「Probance」が提携開始したことを2017年5月22日発表いたしました。これにより、WebサイトとLINEを親密にリンクさせることが可能となり、LINEを活用したOne to Oneマーケティングが実現可能となります。 

連携で可能となること

「ソーシャルPLUS」「Probance」の連携により、企業は自社Webサイトにて企業のLINEアカウントと連動するLINEログインを効果的に導入することが可能となり、LINEログインを通してのID連携率の向上が期待できます。また、それと同時にAPI型公式アカウントやビジネスコネクトアカウント、LINE@などLINEが提供しているプラットフォームを最大限に活用したマーケティングも実現します。 

LINEからの売上向上を狙う

この度の連携により、既存客とLINEユーザーの紐付けが実現し、顧客情報の詳細なデータを取得することも可能となります。LINEプラットフォームを存分に活用し、LINE経由での売上向上を狙うには非常に価値のあるサービスだといえるでしょう。 

まとめ

昨今のマーケティング活動において、LINEはどうしても取り込みたいツールなのは間違いありません。LINEのプラットフォームを最大限に活用できれば、企業にとって大きな武器となるはずです。自社製品の提案はもちろんユーザーの生の声を拾いやすく、新製品の開発にも大きな力となってくれることでしょう。
 
 
参照元:フィードフォース
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「SmartNews Ads」で入札価格を自動的に最適化する「o…
  2. Instagramがライブ配信と消えるコンテンツ、2つの新機能を…
  3. Airbnb成功のカギは、地元の人と協力し良質なコンテンツを生む…
  4. 最高のメールマーケティング戦術
  5. インスタグラム新ショッピング機能をテスト。導入後は製品の売買が手…
  6. Snapchat オーディエンスフィルタとは何か?
  7. コンテンツマーケティングにSNSを組み入む時には
  8. 今年のトップデジタルマーケティングの動向

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行