メディア戦略

せっかく作ったのに反響がない、そんなオウンドメディアから脱却するために

これからはコンテンツマーケティングの時代だ、という声がよく聞かれるようになりました。その後、各社競ってオウンドメディアマーケティングをスタートされています。

しかし、オウンドメディアの運営は、やみくもにコンテンツを量産するだけでは、本来得たかった反響というものは得られません。実際に、オウンドメディアを作ってみたけれど、ほとんど反響がなくて更新するのをやめてしまった、というような例は枚挙に暇がありません。

オウンドメディアからの反響が想定より良くない場合

では、オウンドメディアからの反響が想定よりも良くない場合、反響を増やすためにはどのようにすればよいのでしょうか。具体的には、以下にあげる方法を試すと改善が見られるでしょう。

コンテンツの中に文字リンクを置く

文章コンテンツが終わった後に、自社サービスや資料請求のバナーを突然表示させるのではなく、コンテンツの中に文字リンク(CV導線)を置き、自然な流れで自社サービスを見てもらえるようにしましょう。

CV導線の数を単純に増やすという改善

当たり前のように思われるかもしれませんが、CV導線の数を増やすことは、直接反響数の増加につながります。しかし、多くのオウンドメディアでは、CV導線の数が圧倒的に足りないケースが多く自社サービスの認知を拡大するチャンスを逃しているというようなサイトが多々見受けられます。

「そこそこアクセスを集められるようになったものの反響が悪い」と悩んでいる方は、CV導線の数を単純に増やすという改善から行ってみてはいかがでしょうか?

執 筆:マーケティングワールド編集部

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. デジタルマーケティングにAIを導入することで得られる効果とは?
  2. Uberに対応を開始した「オンライン予約サイトHotels.co…
  3. 音楽を組み合わせた動画アプリ「Musical.ly」を若い世代向…
  4. フェイスブックの新機能「360動画」で、情報だけでなく体験を届け…
  5. Facebook、Instagram Storiesに類似した機…
  6. ソーシャルメディア「ピンタレスト」のマーケティングチップス3選
  7. 世界の大企業はIoT(モノのインターネット)をどう実現しているか…
  8. スマホヘビーユーザーの実態とこれからのソーシャルメディアマーケテ…

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行