メディア戦略

せっかく作ったのに反響がない、そんなオウンドメディアから脱却するために

これからはコンテンツマーケティングの時代だ、という声がよく聞かれるようになりました。その後、各社競ってオウンドメディアマーケティングをスタートされています。

しかし、オウンドメディアの運営は、やみくもにコンテンツを量産するだけでは、本来得たかった反響というものは得られません。実際に、オウンドメディアを作ってみたけれど、ほとんど反響がなくて更新するのをやめてしまった、というような例は枚挙に暇がありません。

オウンドメディアからの反響が想定より良くない場合

では、オウンドメディアからの反響が想定よりも良くない場合、反響を増やすためにはどのようにすればよいのでしょうか。具体的には、以下にあげる方法を試すと改善が見られるでしょう。

コンテンツの中に文字リンクを置く

文章コンテンツが終わった後に、自社サービスや資料請求のバナーを突然表示させるのではなく、コンテンツの中に文字リンク(CV導線)を置き、自然な流れで自社サービスを見てもらえるようにしましょう。

CV導線の数を単純に増やすという改善

当たり前のように思われるかもしれませんが、CV導線の数を増やすことは、直接反響数の増加につながります。しかし、多くのオウンドメディアでは、CV導線の数が圧倒的に足りないケースが多く自社サービスの認知を拡大するチャンスを逃しているというようなサイトが多々見受けられます。

「そこそこアクセスを集められるようになったものの反響が悪い」と悩んでいる方は、CV導線の数を単純に増やすという改善から行ってみてはいかがでしょうか?

執 筆:マーケティングワールド編集部

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  2. MKタクシー、商売っ気がないSNSが優秀ではない
  3. Google、インフルエンサーと企業を繋げるプラットフォーム「F…
  4. SEO対策はコンテンツの充実から。コンテンツは独自思考から地域思…
  5. 「ピンタレスト」がリターゲティング広告の配信を決定。広告配信先の…
  6. 企業マーケティング担当者の今年の最優先事項は?
  7. 英国の学生がキャリアについて考えていること
  8. 知らない人が多い?キャンバスなどを活用したFacebook広告の…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行