Webマーケティングニュース

アクティブコア、自動でセグメント分けする新機能を発表

マーケティングオートメーションで企業のマーケティングを支援する株式会社アクティブコアは、同社のマーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」に、自動で顧客のセグメント分けをする新機能を開発、発表しました。

購買に繋がりそうな顧客の抽出を自動化

顧客をセグメント分けする際、これまでは担当者が「購入してから○日が経過した顧客」などと、特定の条件で顧客を抽出し、分類するというような手順がとられてきました。
今回のアクティブコアの新機能は、これを機械学習・ディープラーニングの技術で自動化します。

顧客の購入履歴や利用頻度、性別や年代などの属性、ウェブ購買履歴などのデータから、購買に繋がりそうな特徴を自動学習し、学習モデルを作成。そのモデルから、購入確立が高そうな顧客を抽出することが可能になります。さらに抽出した顧客にメールなどを用いて適切なアプローチを、マーケティングオートメーションで自動実行します。

重要だけれども煩雑な作業は自動化

顧客のセグメント分け、それぞれに最適なアプローチは、効率の良いマーケティングに必要不可欠です。しかし、そのための単純な繰り返し作業が担当者の負荷になっていました。
セグメント作成のための手間を、自動化によって削減できるこの新機能の存在はぜひ覚えておきたいところです。

参照:株式会社アクティブコア
執筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアのROIを計算する方法
  2. デジタルステージ「BiND9」発売でついにCMSを導入
  3. 2018年のマーケティングにSnapchatを活かすために
  4. ドクターシーラボが採用したマーケティングツール「activeco…
  5. 「GMOリピーター」3つの自動化機能で顧客のリピーター化をサポー…
  6. コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提…
  7. カウントダウンに実況中継。ライブ配信で生放送のワクワク感を有効活…
  8. 「AIR TRACK」と「popinfo」の連携で位置情報に基づ…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行