Webマーケティングニュース

個人アプリ開発者向け動画広告枠「viidle」が提供開始へ

株式会社ファンコミュニケーションズの連結子会社である株式会社アドジャポンは、ビデオアドプラットフォーム「viidle(ヴィードル)」の提供開始を2017年4月3日発表いたしました。これにより、開発者がより簡単にアプリへ動画広告を掲載できるようになり、収益増へつながることが期待されます。 

月20万円稼げるのは1%未満

働き方の多様化に伴い個人アプリ開発者も増加傾向にありますが、ファンコミュニケーションズの調査では月20万円以上収益を上げられているのは全体の0.64%しかいないことがわかりました。月20万円というと、独身者が一般的な生活を送れるラインだとよくいわれますが、その20万円を稼げている人はほとんどいないというのが現実のようです。それだけ個人レベルでアプリを収益化させることが難しいということがよくわかる数字です。 

「viidle」開発の狙い

アプリの個人開発では月20万円稼ぐことが非常に難しいという現実がありますが、そういった現状を打破するために開発されたのが「viidle」というビデオアドプラットフォームです。既存アプリの最優先課題となっている収益化をサポートするため、モバイルアプリ向け動画広告メディエーションサービスとして開発されました。動画広告メディエーションは複数のアドネットワークから最も収益性が高いと判断されるものを自動選択してくれる仕組みで、個人アプリ開発者の収益化サポートします。 

まとめ

個人アプリ開発者の厳しい現実を改善することは、社会を変えることにもつながる大きな試みともいえます。「viidle」により個人開発者として軌道に乗る人が増えれば、より多くの便利なアプリが世の中に登場していくことが期待できるでしょう。 
 
参照元:ファンコミュニケーションズ
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. はてな「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」をスタート
  2. 急成長するYouTuberビジネスを支える「MCN」とは?
  3. LINEがchatbotの普及に向け新たなMessaging A…
  4. 売上増を狙うには?広告とランディングページを見直してコンバージョ…
  5. Google提供のアプリを宣伝する「ユニバーサル・アプリ・キャン…
  6. 小学生YouTuberゆなちゃんが2週間でチャンネル登録20万超…
  7. LINE内で接客する「チャットBOTガイドサービス」が提供開始へ…
  8. MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行