マーケティング全般

Instagramの「複数投稿」でユーザーの意見を集めやすくなる

ユーザー参加型コンテンツとして、「どの製品が好きか」「どういったものを見たいか」という投票企画は高い人気があります。ツイッターはちょっとしたアンケート機能があり、Facebookは「リアクション」を使えば複数の選択肢を設定してアンケートを取ることができますが、Instagramでアンケートをとろうとすると少し手間を要します。

Instagramでアンケートをとる場合は、1枚の画像かキャプションに選択肢を記載する方法が主流でした。しかし複数投稿機能が実装されたことで、選択肢ごとに画像を使用して分かりやすくアンケートをとることが可能です。

質問コーナーの活用方法

画像出典:@holisticsky

複数投稿機能を活用したアンケートの取り方について、実際の事例を参考に紹介します。
Modern Soulful Marketingはユーザーにロゴデザインのアンケートをとりました。まず最初の画像は表紙として簡単な説明を記載します。後の画像はアンケート番号を記載して、候補のロゴを並べるだけ。ユーザーはコメントで気に入ったロゴの番号を記入するだけでアンケートに参加できます。

複数投稿機能が導入されるまで、こういったロゴのアンケートも1枚の画像に収めなければなりませんでした。そうなると一つ一つのロゴが見にくく、アンケートとして活用することは難しくなります。
複数投稿機能が導入されたため、横にスワイプしてカタログ感覚で見れるアンケートが活用できるようになったのです。

まとめ

ツイッターのように元からアンケート用に導入された機能はありませんが、Instagramでも複数投稿機能を使うことでアンケートをすることが可能です。ユーザーの意見を求めたいときに活用してみてください。

参照元:Social Media Today
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebook、Instagram Storiesに類似した機…
  2. コミュニケーションデータをAIが分析する「DECode」がスター…
  3. Facebook、クーポン広告のモバイル最適化でマーケティングを…
  4. 知らない人が多い?キャンバスなどを活用したFacebook広告の…
  5. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ
  6. 広告費用ゼロでウェブサイトを売り込む方法
  7. 大型商品をドカンと売り出す時には「プロダクトローンチ」を使え!
  8. 実店舗の例から学ぶマーケティングレッスン

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行