マーケティング全般

小さな子供を持つ母親のことを考えた航空会社のプロモーションとは?

多くのビジネスで利用者の違いによる気まずい状況が発生します。長時間の拘束が苦手な子供たちが静かな場所で騒いでしまったり、最新機器に疎い人たちが機械操作に手間取って長蛇の列ができてしまったりと、多くの人が利用するサービスはどうしても利用者の感覚の差が生まれてしまいます。

アメリカの格安航空は、そういった利用者の感覚の差に配慮したプロモーションを行いました。

ジェットブルー航空のプロモーション

格安航空のジェットブルーは、赤ちゃんを持つお母さんのことを考えたプロモーションを行いました。
機内で赤ちゃんが泣き出してしまう状況に遭遇したことがありませんか。しょうがないことなのですがそういった場合、赤ちゃんのお母さんは周りからの視線に気まずい思いをしてしまうということがよく起こります 。
そこで同社が思いついたのが、機内で赤ちゃんが泣いてしまったら同乗する全ての人がウィンウィンになるプロモーションです。

ジェットブルーは母の日のキャンペーンとして、ケネディ国際空港からロングビーチのフライトで赤ちゃんが泣くたびに25%の割引を乗客にプレゼントしました。Facebookに投稿されたキャンペーン動画は130万再生を記録し、YouTubeでは160万再生を達成。大きな反響を呼びました。
帰省などで小さな赤ちゃんを連れて飛行機で移動しなければならない場面があります。このプロモーションでは、そんなときでもいくらか気まずさを緩和させる材料になりました。

まとめ

このプロモーションはそこにいる全ての人が関われることで成功しました。本来気まずいはずの場面を一体感に変えたユニークなキャンペーンです。

参照元:outbrain
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 住宅不動産営業にAIを活用したロールプレイシステムが導入
  2. ポッドキャストをマーケティングに活用。おすすめポイント3選
  3. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  4. 小学生YouTuberゆなちゃんが2週間でチャンネル登録20万超…
  5. あなたのブランドはサイバー攻撃から守られているか
  6. 日本トイザらスに見るSNSの使い分け
  7. 見込客のメールアドレスや電話番号眠っていませんか?Faceboo…
  8. 強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行