デジタルマーケティング

ライブ配信のタイミングとは?おすすめは定期的に配信すること

リアルタイムでファンと交流できるライブ配信は、2016年から引き続き注目されているコンテンツ。新製品の発表やイベントの実況中継、様々なシチュエーションで活用されてきました。しかし初めてライブ配信を取り入れるとなると、どういったタイミングでライブ配信をするか悩むマーケターも多いのではないでしょうか。
ライブ配信で固定ファンと交流を続けて新規顧客も取り入れるなら、曜日や日付を決めて定期的にライブ配信をするのがおすすめです。

ライブ配信のタイミング

ライブ配信のタイミングは大きく分けて2つあるかと思います。「緊急発表を要するとき」と「通常のライブ配信」です。
緊急発表の場合は主に新製品の発表や企業からの重要なお知らせがあるとき。この場合は最低でも24時間前に通知するのをおすすめします。

通常のライブ配信は、主にユーザーとの交流を目的にした雑談や質問コーナー、会社見学ツアーです。
注目度の高い発表を含まないライブ配信の場合、なるべく早めに告知をしていた方が多くの人に視聴してもらえることが見込めます。理想としては3日前が目安ではないでしょうか。
さらにエンゲージメントを高めるには、日付を決めて定期的にライブ配信を行うことです。毎週水曜日や毎月5日と決めてライブ配信を行えば、ユーザーに覚えてもらいやすく一定のアクセス数が見込めます。

定期的にライブ配信を行うケーキショップの事例

画像出典:Ontario Bakery

ケーキショップのOntario Bakeryは定期的にライブ配信を利用して、ケーキ作りの過程を紹介しています。ウェデイングケーキのデコレーションスキルをユーザーに見せることで、同社が品質の高いケーキを提供していると知ってもらうことに貢献しているのです。

まとめ

毎日ライブ配信を行おうと考えると、プレッシャーもあり負担になってしまいます。仕事が進めやすいペースで定期的に行うことがポイントです。

参照元:Social Media Examiner
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  2. 【コラム】オウンドメディア運用における、SEO記事とバズる記事の…
  3. 今年のトップデジタルマーケティングの動向
  4. ABテスト代行サービス「OsenAB」がトライアルキャンペーン
  5. ビジネスを検索上位に乗せるための9つの方法
  6. 画像と文字で訴求力の高い動画を。顔出しせずに動画を作るテクニック…
  7. 企業のeコマースウェブサイトはどのくらい必要か?
  8. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行