マーケティング全般

更新通知だけじゃない。新規顧客をツイッターからブログへ誘導する方法

気軽に考えていることを投稿できることで支持を得ているツイッター。短い文章の中にクスリとする話や役立つ話を投稿できるので、工夫次第でたくさんのエンゲージメントを得ることができます。
ツイッターはブログやウェブサイトへのアクセス数を促したいときも使えるちょっとした通知にはもってこいのプラットフォームです。

リンク先へのアクセスを促すには切り口が大事

ウェブサイトやブログを更新したら、各プラットフォームにリンクをつけて更新したことを知らせることはありませんか。フォロワーに通知するだけなら、リンクや記事の題名をつけて「更新しました」と一言加えるだけでも十分です。しかしツイッターから記事内容に興味のある見込み客をブログに誘導するなら、キャプションを工夫する必要があります。

ツイッターのキャプションは140字以内と文字制限があるので、簡潔に内容が伝わるようにすることがポイントです。この記事は何について書いているのか、この記事を読むとどういった悩みが解決するのかが一目で分かると見込み客の訪問数が増加します。

B2B企業のツイッター活用事例

例えばイギリスの市場調査企業「BrainJuicer」は、常に分かりやすいキャプションを作成することでツイッターからのブログアクセス数を増やしています。

画像のツイートでは、ブログのリンクを添付して「次世代のデジタルテストツールが、投資に値するコンテンツの判断に最適な理由を見てみよう」と内容が一目で分かるキャプションを作成しています。
BrainJuicerは内容を濁さないことで、信頼できて透明性の高い企業として考えられています。

まとめ

クリック数だけを考えて内容を濁しすぎたキャプションは見込み客を取り入れを妨げて記事の満足度も得られません。内容を明確にして見込み客の獲得に役立てましょう。

参照元:Click Z
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ARとVRの導入が企業のビジネスオペレーションをリード
  2. 詳細なペルソナを設定することの重要性とは?
  3. 多言語翻訳に対応する「DNP多言語制作支援サービス」で、インバウ…
  4. 【コラム】LINEビジネスコネクトの導入によって、Webマーケテ…
  5. 若年層向け動画インフルエンサーを活用したキャンペーンパッケージ開…
  6. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…
  7. ブログやSNSで専門知識をシェア!コンテンツマーケティングで売上…
  8. 個人でも利用できる決済サービス「AnyPay」スタート

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行