デジタルマーケティング

プレゼント選びをソーシャルメディアでする人が増加。SNSの販促事例

購入したい製品がある場合、消費者はインターネット上で口コミを探す傾向にあります。最近は製品の紹介だけではなく、使用したリアルな感想が求められているのです。

YouTubeやInstagramを活用したショッピングが増加

スマートホンで手軽に買い物ができるようになったため、インターネットの広告やインフルエンサーのおすすめで購入を決定する事例が増加しています。

とくに企業コラボ動画の多いYouTubeとファッション関係のインフルエンサーが多いInstagramは、消費者の購入決定を促しやすいプラットフォーム。
Creme Magでは、スマートホン所有者の45%がクリスマスにファッションアイテムを購入するためにYouTubeを利用しているという調査が紹介されました。
多くの人製品レビューがアップロードされているソーシャルメディアは、製品購入の参考に利用されています。

SNSの販促事例

ファッションブランド「Vero Moda」は、製品の販売促進を目的にしたYouTube・インスタグラムマーケティングを取り入れました。
同社はキャンペーンでインフルエンサーマーケティングを活用。幅広いターゲット層へアプローチするために、複数のインフルエンサーを起用しました。

インフルエンサーには実際に同社の製品を着用したコンテンツを投稿してもらいます。クリスマスシーズンに合わせたキャンペーンのため、コンテンツに季節感を取り入れることも重要です。
クリスマスプレゼントの購入を考えていた消費者に、実際に製品を使用している姿を見せることで着用イメージを持たせました。

まとめ

ファッション関係の商品の場合は購入する人によってサイズが異なります。体型の異なる複数のインフルエンサーを起用することで、消費者にパーソナライズしたプロモーションを展開できるのでおすすめです。

参照元:Creme Mag
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 今年のデジタルマーケティングの収穫
  2. Twitterが280字入力をテスト中
  3. 2017年のSNSマーケティング実状調査
  4. 「QR・バーコード決済」は大型キャンペーンのときのみ利用が約4割…
  5. アイジェント・レコメンダーとunisizeが連携しサイズに合う商…
  6. 「RightSegment」に「来店計測機能」が追加されより高度…
  7. ソーシャルシェアを増やす5つの術
  8. ロイヤルカスタマーには何をするべきか?

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行