デジタルマーケティング

小売業向けに効率化された「see-port Analysis」が提供開始へ

株式会社インテージは、小売業の顧客購買履歴データを簡単かつ効率的に分析可能なシステム「see-port Analysis」を開発・提供することを2017年3月27日3月23日発表いたしました。提供開始は2017年3月23日からとなります。 

「see-port Analysis」開発の背景

近年急速なIT技術の進歩や少子高齢化の影響などもあり、人々のライフスタイルは大きく様変わりしています。多様化する生活の中で小売業者が生き残っていくためには、これまで以上に顧客の一人ひとりの特性を分析することが大切なことになってきます。一人あたりの売上を上げていくことがこれからの時代には求められているのです。その点を考慮すると購買履歴のデータ活用は不可欠なこととなります。そこで、インテージでは誰でも簡単に顧客購買履歴のデータ分析が行える「see-port Analysis」を開発し、小売業者の顧客起点マーケティングを支援する方針となりました。 

「see-port Analysis」の特徴

「see-port Analysis」の特徴としてまず挙げられるのは、多彩な分析メニューと自由度の高い集計です。日々の売上把握だけでなく、クロス集計表やサマリデータのCSVデータ抽出機能などを備えています。また、生活者の見える化ソリューション「Genometrics(ゲノメトリクス)」との連携により生活者セグメントの搭載が可能となったり、取引先メーカーへのデータ開示も可能となっています。 

まとめ

誰でも簡単に効率的な集計や分析が可能となる「see-port Analysis」は、売上が伸び悩んでいる小売業者には導入価値のあるサービスだといえます。「see-port Analysis」を活用し、顧客の分析を徹底的に行うことで顧客の売上単価を向上させることが期待できるでしょう。 
 
参照元:インテージ
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 販売ではなく顧客とのつながりを目的に。ピンタレストのお買い物ピン…
  2. LINEを活用したデジタルマーケティング
  3. VineがVine Cameraへ。動画マーケティングの後押しに…
  4. プレゼント選びをソーシャルメディアでする人が増加。SNSの販促事…
  5. 2017年を揺るがしたSNSのアップデートとその後
  6. Twitterが280字入力をテスト中
  7. アイジェント・レコメンダーとunisizeが連携しサイズに合う商…
  8. Facebook、百万人の事業主にデジタルリテラシー訓練を約束

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行