Webマーケティングニュース

「Synergy!」新機能追加により広告とCRMの連携で効率的な広告配信が実現

Yahoo!JAPANグループのシナジーマーケティング株式会社は、自社が提供するクラウド型CRMプラットフォーム「Synergy!」へ新たに広告連携機能を追加したことを2017年3月23日発表いたしました。これにより複数の広告媒体と自動連携し、広告効果のデータをCRMへ活かすなどの活動が実現することとなります。 

広告連携機能の内容

今回新たに追加された広告連携機能とは、「Synergy!」に蓄積されたCRMデータを活用して広告配信リストを作り、広告媒体への自動連携を可能とします。連携可能な広告媒体は、SNS広告では「Facebook」と「Instagram」、ディスプレイ広告では「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」、GoogleAdWordsでは「検索広告」「YouTube」「Gmail広告」となっています。 

新機能で実現できること

広告連携機能で実現できることは2つに分けられます。1つは「顧客の育成」です。広告をCRM配信チャネルとして利用することで、メールと組み合わせて既存顧客向けのコミュニケーションの設計が可能となります。もう1は「潜在顧客層の獲得」です。企業が持っているCRMデータを活用して拡張配信を行い、広告配信の精度向上を促します。広告単体での費用対効果よりも顧客1人に対しての収益性に焦点を当てることで収益の高い顧客の獲得を狙います。 

まとめ

今回追加された新機能により、反応の薄い顧客や優良顧客になりそうな顧客など、ターゲットを絞った広告配信が可能となります。燻っている潜在的な既存顧客の掘り起こしには、大きな効果を発揮することが期待できるでしょう。 
 
参照元:シナジーマーケティング
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「メンバーズ」が、インバウンド向けサービスを評価するサービス「オ…
  2. ペイパル、日本旅館協会と業務提携を発表
  3. インフルエンサマーケティングツール「iCON Suite」リリー…
  4. 「LODEO」に動画広告の視聴完了率を基に配信を最適化する新機能…
  5. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…
  6. ソーシャルPLUSとProbanceが連携しLINEログインを通…
  7. 中古車個人売買「Ancer」が4億円資金調達
  8. グーグルが新ツールをリリース。モバイルフレンドリー対応度をチェッ…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行