Webマーケティングニュース

Twitterがダイレクトメッセージをパーソナライズする新機能導入

ダイレクトメッセージで企業のアカウントに問い合わせたいと考えているユーザーの中には、顔の見えないやりとりを不安に感じている人が一定数います。
せっかくの見込み客を逃してしまうのは企業にとっても大きな損失。Twitterはこういったシチュエーションを減らすために、ユーザーの不安を取り除く新機能をダイレクトメッセージに導入しました。

DMで対応者が誰か分かるように

Twitterがダイレクトメッセージに導入した新しい機能は、企業のアカウントのダイレクトメッセージでやりとりしても対応者の名前と画像がわかるというもの。

画像のようにT-Mobileのアカウントに問い合わせをすると、やりとりをしている人の名前が表示されています。やりとりしている相手がだれか表示させることで、顔の見えないサービスに対する不安を軽減できます。担当者が分かることでユーザーは安心と愛着を感じるので、リピーターになることも見込めます。機械的ではないパーソナライズしたサービスを提供できる新機能です。

この機能を利用するには登録が必要です。利用したい方は下記から登録を行いましょう。
カスタムプロフィールオプションフォーム(英語)⇒https://gnipinc.formstack.com/forms/custom_profiles_interest_form

まとめ

今回の新機能はダイレクトメッセージ利用時に企業への安心感を左右します。この機能を導入することで相談しやすい雰囲気を作れるのではないでしょうか。ダイレクトメッセージから相談に乗り顧客の不安を解消して、サービスの提供につなげている企業は特に導入をおおすめしたい機能です。

参照元:Twitter Blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. トランスコスモス、メッセンジャーアプリを利用したbotの自動応答…
  2. ツイッター新機能「モーメント」登場。関連情報をまとめてユーザーの…
  3. 広告費用ゼロでウェブサイトを売り込む方法
  4. 【コラム】編集権を自社が握ると、面白みが無くなりがちなオウンドメ…
  5. ショッピング目的のユーザーが多い「ピンタレスト」!ビデオ広告の利…
  6. これだけは押さえておきたい、コンテンツマーケティングの要点
  7. データフィード最適化サービス「Marketia Feed Man…
  8. Facebook 広告に未来はもうないのか?

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行