マーケティング全般

コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提供

コンテンツマーケティングは製品を全面に押し出した宣伝が強いと失敗に終わります。ユーザーは押し売りされるためにネットサーフィンをしているわけではなく、有益な情報を探しているからです。
コンテンツには情報とプロモーションのバランスが大切です。

宣伝の少ないコンテンツとは?

ソーシャルメディアのお知らせと違って、「〇〇という製品が発売になりました。見てください」という短いコンテンツはブログで発信するには短いです。かといって製品の宣伝を引き伸ばしたブログ記事は内容の薄い宣伝だけの記事になってしまいます。
情報を求めてたどり着いた見込み客を逃さず、購入といった次のアクションを引き出すためには情報を発信することが大切です。製品や関連するものを使った情報をシェアすれば、製品の魅力を伝えつつも内容の濃いコンテンツが完成します。

Farmers Inner Circleのコンテンツマーケティング成功事例

保険会社であるFarmers Inner Circleは同社のサイトで車や家、ペット、生活において役立つ情報を発信。いくつかプロモーション用のコンテンツを配信していますが、読者の役立つコンテンツとのバランスがとれています。保険会社ということを活かし、同社がもつ豊富な情報を加えていることも人気のポイントです。

いたるところに広告が入り大きな文字で購入を促す薄い内容のコンテンツは、読者を損した気持ちにさせてしまいます。読者にとって有益な情報を発信し、プロモーションとのバランスをとりましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングにおいて、行き過ぎたプロモーション感はコンテンツを作った努力を薄めてしまいます。
ここなら購入しても安心だと思わせる信頼感を、コンテンツを通して印象付けましょう。

参照元:Content Marketing Institute
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 画像やロゴを簡単に作成できる無料デザインツールCanva日本語版…
  2. 業務を軽減する「チャットボット」、作成ツールを利用して予算を抑え…
  3. 「AIR TRACK」と「popinfo」の連携で位置情報に基づ…
  4. QnaryとNews2uが提携し情報発信支援サービスを展開へ
  5. ビデオチャットを利用した「LiveCall」に管理者コンソールが…
  6. 吉本にTGC。インフルエンサーマーケティングが続々と事業化
  7. TwitterをAIで解析する「Reaction Monitor…
  8. 2017年にマーケターがチャットボットを取り入れるべき3つの理由…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行