Webマーケティングニュース

音でユーザーの状況を把握し、広告配信できるシステム発表

「D.A.コンソーシアムホールディングス」と、その子会社である「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)」は、スマートフォンのマイクを通じてユーザーが視聴しているテレビやラジオの音声を取得し、ユーザーに最適な広告・コンテンツの配信できるシステムを開発。特許を取得したとのことです。

マスメディアとの連携が可能に

この新システムはACR(ユーザーが視聴しているコンテンツの映像や音声を分析し、特定する技術)を活用してユーザーが接している広告を特定。DACが開発したデータマネジメントプラットフォーム(インターネット上に蓄積されたデータを管理するプラットフォーム)「AudienceOne®」と連携させることで、オフラインの音声を参考にして最適な広告を配信することが可能となります。

音声でコンテンツを特定することいよってこれまで難しかったマスメディアとデジタルメディアを連携させたマーケティング活動を実現できます。

他メディアの力を借りることも重要

テレビ・ラジオ・街頭のデジタルサイネージ・雑誌や新聞・そしてインターネトやSNS。現代は様々な媒体が広告・コンテンツを発信しており、それぞれが長所・短所を持っています。
例えば、テレビやラジオといったマスメディアは広範囲にブランディングを行うことができますが、即購買行動には至りません。

そのマスメディアの、広く周知する力とブランディング力を借りて、効率的に結果に繋げるため、デジタル広告の配信を行うのが今回の新システムです。
発表されたばかりのこの新システムの今後に注目です。

 
参照元:D.A.コンソーシアムホールディングス
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マーケターが見る「マーケティングプラン成功への重要課題」
  2. 「Satisfeeder」導入でリアルタイムにアンケート結果を現…
  3. 使い分けが重要?Instagramなどソーシャルメディア別ハッシ…
  4. Webサイトを簡単かつ高品質に多言語対応させる「shutto翻訳…
  5. はてな「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」をスタート
  6. LINEとワークスモバイルがビジネスチャットを提供予定
  7. ソーシャルメディアをもっとクリエイティブに使う方法
  8. 2017年のSNSマーケティング実状調査

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行