マーケティング全般

スナップチャットでオンラインとオフライン両方の顧客と交流する方法

ユーザーのストーリー視聴中に表示されるスナップチャット広告を利用しているのは、広告費に余裕がある有名企業が目立ちます。広告費をあまりかけられない企業は他の方法でプロモーションしましょう。動画メインのスナップチャットは工夫次第で、動画を見ているオンラインの消費者と動画に登場するオフラインの消費者の両方と交流するプロモーションが行えるのです。

動画内でファンと交流

スナップチャットに投稿する動画で、企業の関係者ではないファンや外部の人間と交流する動画を活用しましょう。彼らに製品を試してもらったり、インタビューをしたり、ランダムで無料のプレゼントを贈ったりします。動画を見ているファンは動画に映っている人のリアクションを、動画に登場したファンは企業との交流を楽しむことができます。
オンラインだけではなくオフラインのファンと交流することで、ファンとの絆を深めましょう。

海外の事例

海外メディアSocial Media Examinerで紹介された衣服小売店Everlaneも同様のマーケティン手法を使っています。

同社はクリスマスをテーマにしたスナップチャットストーリーに、ブランドを宣伝するインフルエンサー2人を起用。彼らは同社の販売する帽子を道行く人にプレゼントしたり、スターバックスに並んでいる人にコーヒーを届けたり、映画の無料ギフトカードを渡したりとランダムでプレゼントを配りました。
動画の視聴者はプレゼントを渡された人の反応に興味津々。動画の最後は「外に出てクリスマスの精神を広めよう!」と締めくくられました。企業は動画に直接出演してくれた消費者とデジタルスペースの消費者、どちらとも交流して企業認知度を上げることに成功しましたのです

まとめ

新しいスパイスを加えるために、ファンと交流する動画を作るのも良いのではないでしょうか。ただし出演者に動画出演の許可をとることを忘れないでください。

参照元:Social Media Examiner
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. デジタルマーケティング担当が知っておくべきGDPRに関する対処方…
  2. 「LODEO」に動画広告の視聴完了率を基に配信を最適化する新機能…
  3. リードを倍増させるコンテンツマーケティングの手法
  4. 2017年の顧客体験を高めるトレンド!音声検索などモバイルと個人…
  5. Facebook上のマーケティングはエッジランクを意識!ファンの…
  6. 360度見渡せるメリットは?VRをマーケティングに活用した事例3…
  7. 2018年のデジタルマーケティングのメガトレンド
  8. LINEトーク画面のみで、決済まで行えるサービス開始予定

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行