デジタルマーケティング

コンテンツマーケティングのプロが行うInstagramの戦略3選

スマホ中心の世界では、ビジュアルコンテンツがモノを言います。画像や動画といったビジュアルコンテンツは、情報であふれるインターネットでユーザーの興味を引く強力な方法の1つ。そのためInstagramやスナップチャット、ピンタレストといったビジュアルコンテンツに特化したソーシャルメディアの人気が上昇しています。
中でも月間5億人のアクティブユーザーを持つInstagramの人気は年々上昇。日本国内で成長しているソーシャルメディアとしてリサーチ会社eMarketerで紹介されました。

企業はInstagramでどのような戦略を立てているのでしょうか。今回はコンテンツマーケティングのプロであるContent Marketing Institute(以下、CMI)がInstagramで行うマーケティング戦略を例に紹介します。

イベントを中継

一部地域で開催されるものや少人数のイベントは、すべてのファンが参加できるわけではありません。CMIはイベントに参加できなかったファンのために、イベントの様子を投稿しています。その場にいなかったファンとイベントの雰囲気を共有することで、個人レベルでつながりを持てるとCMIは語っています。

UGC

企業特有のハッシュタグを作成してコンテンツの作成を促すことで、フォロワーは企業の魅力や話題を発信してくれます。CMIのようにユーザー生成コンテンツ(UGC)で優秀なものがあれば共有することで、ユーザーとさらに深い絆を結べます。
参考:InstagramはUGCに最適!テーマ選びとUGC推進手順を解説

名言の引用

名言の引用はフォロワーをインスパイアできる方法の1つ。有意義な引用は企業の信念を伝えるだけではなく、フォロワーとのつながりも強化します。
上述のコンテンツはCMIが投稿したマーケティングに関する発言のまとめ。昔の人や有名人の言葉だけではなく、イベントやスピーチで語られたその業界で役立つ言葉を引用するのも効果的です。

まとめ

コンテンツマーケティングに精通しているCMIのInstagramマーケティングをぜひ取り入れてみてください。

参照元:Content Marketing Institute
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インスタ女子、美容製品にプラス30%興味あり
  2. インバウンドマーケティングの進め方!継続して質の高いコンテンツを…
  3. バズワードは使わない!強力な競合の多い業界でのプロモーションとは…
  4. Facebook、百万人の事業主にデジタルリテラシー訓練を約束
  5. 「mitayo.」に動画配信機能を追加で情報へのさらなる興味喚起…
  6. 企業のマーケティング担当はFacebookをどれくらいの時間閲覧…
  7. ゲームライブ配信プラットフォームTwitch、ゲーム購入システム…
  8. iPhone7、UXの向上で信頼を勝ち取るApple。UIを見直…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行