デジタルマーケティング

Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテスト

チャットボットの導入で、Facebookメッセンジャーを使って顧客とやりとりをする例が増えてきました。メッセンジャーで友人や家族とやりとりをするユーザーも少なくないため、ターゲット層がメッセンジャーを利用している割合が多い企業もいるのではないでしょうか。
Facebookは2017年1月25日(現地時間)、メッセンジャーに表示する広告を一部地域でテストすると発表。Facebookおよびメッセンジャーをマーケティングで利用している企業にとって、導入が実現すればビジネスの機会が増える魅力的なニュースです。

メッセンジャーに表示される広告とは

今回テストを予定しているメッセンジャーの広告は、メッセンジャーで最近連絡をとった人が表示されるエリアの真下に挿入されます。テストする地域はオーストラリアとタイの一部グループとのことです。
導入を予定されているのは、横にスライドすると次々にスポンサーコンテンツが表示される横スクロール型の広告。トップページの目につきやすい位置に表示されるため、高いクリック率が見込めます。

すでに顧客と企業の間で行われているやりとりは毎月10億回以上に上っていると今回のブログポストで言及されました。この数字を考えると、今回テストする広告を通して売上増加やブランド認知度、顧客満足度の向上が見込めます。

まとめ

FacebookはInstagramやメッセンジャーで新しい広告を次々に試し、新たなビジネスの形を提供してくれています。製品やサービスを見込み客にアピールする機会が増えるのではないでしょうか。

参照元:Messenger Blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 企業サイトを守る「GRED Web改ざんチェックon-premi…
  2. 2017年にマーケターがチャットボットを取り入れるべき3つの理由…
  3. 老舗企業こそコンテンツマーケティング!創設100年以上のGEの戦…
  4. ユニリーバとBlisが提携、ブロックチェーンxデジタル広告の効果…
  5. ソフトバンク、スマホ対象のショッピングサイト「ソフトバンクモール…
  6. 「クオリティフィルター機能」でTwitterマーケティングが効率…
  7. Twitter、tweetstorm機能の導入をめざす
  8. フェイスブックがスライドショーを作成できる新機能を追加

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行