Webマーケティングニュース

Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテスト

チャットボットの導入で、Facebookメッセンジャーを使って顧客とやりとりをする例が増えてきました。メッセンジャーで友人や家族とやりとりをするユーザーも少なくないため、ターゲット層がメッセンジャーを利用している割合が多い企業もいるのではないでしょうか。
Facebookは2017年1月25日(現地時間)、メッセンジャーに表示する広告を一部地域でテストすると発表。Facebookおよびメッセンジャーをマーケティングで利用している企業にとって、導入が実現すればビジネスの機会が増える魅力的なニュースです。

メッセンジャーに表示される広告とは

今回テストを予定しているメッセンジャーの広告は、メッセンジャーで最近連絡をとった人が表示されるエリアの真下に挿入されます。テストする地域はオーストラリアとタイの一部グループとのことです。
導入を予定されているのは、横にスライドすると次々にスポンサーコンテンツが表示される横スクロール型の広告。トップページの目につきやすい位置に表示されるため、高いクリック率が見込めます。

すでに顧客と企業の間で行われているやりとりは毎月10億回以上に上っていると今回のブログポストで言及されました。この数字を考えると、今回テストする広告を通して売上増加やブランド認知度、顧客満足度の向上が見込めます。

まとめ

FacebookはInstagramやメッセンジャーで新しい広告を次々に試し、新たなビジネスの形を提供してくれています。製品やサービスを見込み客にアピールする機会が増えるのではないでしょうか。

参照元:Messenger Blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「mitayo.」に動画配信機能を追加で情報へのさらなる興味喚起…
  2. ホーム・デポ実践!コンテンツマーケティングで製品を使ったアイデア…
  3. ニッチなソーシャルネットワークが必要なわけ
  4. データ収集とオンラインプライバシーはどうなる?
  5. カーナリー・ジャパン株式会社と株式会社ニューズ・ツー・ユーが、新…
  6. 15秒未満の短尺動画広告に対応した「OVX Bumper」が提供…
  7. 毎分消費されているコンテンツの絶大な量
  8. Snapchat オーディエンスフィルタとは何か?

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行