Webマーケティングニュース

ピンタレスト「関連するピン」にディープラーニング採用へ

ソーシャルメディアやECサイトを眺めているとき、ユーザーの好みに合った関連コンテンツが表示されることがありますよね。思わず関連リンクを渡り歩いて時間を忘れるユーザーも多く、閲覧数増加に効果のあるシステムです。
今回ピンタレストは、関連コンテンツを表示させるために導入している「関連するピン」にディープラーニングを採用すると発表しました。ディープラーニングの採用で、類似コンテンツを表示する関連するピンの性能を向上させるとのことです。

関連するピンにディープラーニングを採用

ピンタレストの機能の1つ「関連するピン」は、ユーザーが閲覧したピンと類似するオススメのピンを表示する機能です。
今までは保存したピンを基に関連するピンを生成していましたが、より関連したコンテンツを表示するためにディープラーニングを採用したシステムに変更するとピンタレス開発チームのKevin Ma氏はブログで言及しました。現在この機能はテスト中とのことですが、完全に導入されたらユーザーのより好むコンテンツを表示できるようになり、エンゲージメントの増加が見込めます。
ユーザーがピンタレストを使いやすくなるだけではなく、企業にとっても有望な見込み客がコンテンツを閲覧する可能性が高まるのです。

まとめ

ピンタレストにはユーザーが手軽にショッピングできるお買い物ピンという機能があります。適確にユーザーの求めるコンテンツを表示できるようになれば全体的に購入率が上昇すると考えられるため、ショッピング機能のついたソーシャルメディアとしてピンタレストは活用しやすくなるのではないでしょうか。

参照元:Pinterest engineering blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LINE「Official Web App」対応サービスがWeb…
  2. 今年のトップデジタルマーケティングの動向
  3. ウェブサイトにビデオは不要、必要なのはビデオコンテンツ
  4. 企業が行う社会問題の認知度増加のためのキャンペーン事例
  5. 交通系ICカードとPepperで得たデータをマーケティングへ活か…
  6. Twitterをビジネスで活用するデメリットはある?知っておきた…
  7. Instagram、写真・動画広告フォーマットのサイズを縦長に対…
  8. 「スマートチーター19.0」マルチデバイス間のユーザー判別が可能…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行