Webマーケティングニュース

企業サイトを守る「GRED Web改ざんチェックon-premise」が提供開始

サイバーセキュリティ事業を行う株式会社セキュアブレインは、2009年から販売しているSaaS型Web改ざん対策「GRED Web改ざんチェック」の改良版である「GRED Web改ざんチェック on-premise」の販売開始を2017年1月10日発表いたしました。 

Web改ざん被害の増加に対応

「GRED Web改ざんチェック on-premise」は増加するWeb改ざん被害から企業サイトを守るため、これまで制限のあった改ざんチェックの回数やページ数を自由に設定できるようになりました。改ざんチェックは一般的な閲覧と同じようにインターネットでサイトへアクセスし、不正なスクリプトやクロスドメインスクリプトを検知するシステムです。不正を検知した場合はアラートメールと詳細レポートがサイト管理者へ送信されます。 

重要なページは5分間隔でチェック

「GRED Web改ざんチェック on-premise」ではチェック回数を設定できるようになったほか、トップページや企業にとって重要なページについては5分間隔でチェックすることも可能となりました。また、これまで対応できていなかったログインが必要なタイプのWebサイトにも対応したため、これまで断念していたサイト管理者もサービスを利用することが可能となります。 

まとめ

サイバー攻撃が増加する昨今では、企業サイトのセキュリティは非常に神経を使って対策をしなければならない分野です。自社ではWebサイトのセキュリティまで対応できない企業にとっては、こういったサービスは非常に力強い味方となってくれるでしょう。 
 
参照元:セキュアブレイン
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「Find Job!」と「Schoo」業務提携に見る相互送客の可…
  2. リスティング広告の効果が薄いジャンルの商品・サービスとは?
  3. メディアサイトのファンユーザーを増やす「Loyalfarm」提供…
  4. 「GMOリピーター」3つの自動化機能で顧客のリピーター化をサポー…
  5. 【コラム】編集権を自社が握ると、面白みが無くなりがちなオウンドメ…
  6. 個人でも利用できる決済サービス「AnyPay」スタート
  7. キャラクターマーケティングの狙いと実際の効果とは?
  8. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行