マーケティング全般

【Twitter】文字数制限に悩んでるならスクリーンショットを活用!

Twitterはマーケティングで欠かせないプラットフォームですが、140という文字制限がネックになることも。リンクへのアクセスを促す短い告知なら十分ですが、文章が長くなる大事なお知らせは難しいのが現状です。
Twitterは内容が練られた短い文章やリツイートのしやすさなど、手軽なスピード感が魅力です。しかし時には全体に周知したい内容もあることでしょう。140文字を超える文章を投稿したい場合は、スクリーンショットを活用してみてはいかがでしょうか。

ウェブサイトをスクリーンショットしてツイート

あまりにも長い文章だとTwitterの雰囲気に合いませんが、少し長めのお知らせなら幅広いユーザーに共有できて良いのではないでしょうか。例えばウェブサイトにアップロードした製品の使い方や新機能のお知らせ、イベントの告知などをスクリーンショットしてツイートしましょう。
海外メディアInternet Marketing Ninjas Blogは、画像付きのツイートは文字だけのツイートに比べてクリック率18%、リツイート率150%の増加になると伝えました。多数のツイートの中で大事なお知らせを目立たせるためにも、スクリーンショットの活用がおススメです。

まとめ

自身の趣味趣向をフォロワーに伝えるために、スマホのメモ帳にプロフィールを記入したスクリーンショットを利用しているユーザーもいます。スクリーンショットを利用して、今までできなかった様々な形でTwitterを活用してみてください。

参照元:Internet Marketing Ninjas Blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「KANADE DSP」リエンゲージメント広告をスマートフォンア…
  2. ピンタレストをビジネス活用するには?2つの事例を紹介
  3. 見込み客をランキングする、リードスコアリング
  4. 越境ERC×動画コンテンツの配信・販売実験が開始!
  5. 米国中小企業の26%がSNSを扱う予算と人材を欠いている
  6. 【コラム】編集権を自社が握ると、面白みが無くなりがちなオウンドメ…
  7. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  8. Periscopeが360度ビデオを導入。没入感の高いライブ配信…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行