デジタルマーケティング

SNSでショッピング!お買い物機能が使えるソーシャルメディア2選

製品のプロモーションをソーシャルメディアで行う企業が増加し、ソーシャルメディア×ショッピングの相性は年々良くなっています。画像に特化したプラットフォームが増えていることもあり、カタログ感覚でショッピングができるのも魅力です。
そして多くのプラットフォームがこの傾向を感じとってお買い物機能を導入。今回は中でもメジャーなプラットフォーム「Instagram」と「ピンタレスト」のお買い物機能を紹介します。

InstagramのShop Nowボタン

Instagramは試験段階ですが、Shop Nowボタンを導入しています。1つの画像をクリックすると、製品のポップアップが表示されて、ポップアップをタップすると製品の詳細ページに移ります。
1つの画像に複数の製品が写っていたら、複数の製品のポップアップが表示されるため、本格的に導入されるとショッピングがしやすくなる有用な機能です。

この機能は現在、限られたアカウントで試験運用をされています。使用できるアカウントが増えるまで待ちましょう。

ピンタレストのお買い物ピン

ピンタレストは画像に特化した人気のあるプラットフォームです。ユーザーの多くがショッピング目的で利用しているため、高い購買率が期待できるプラットフォームでもあります。
ピンタレストが導入しているお買い物ピンは、他サイトに移動せずピンタレストでお買い物が楽しめる便利機能。ページ移動にイライラせずショッピングできます。

お買い物ピンの導入については公式サイトで詳しく紹介されています。⇒https://business.pinterest.com/ja/buyable-pins
ピンタレストが提携するプラットフォーム「BigCommerce」「Demandware」「Magento」「Shopify」を利用するか、順番待ちリストに登録することでお買い物ピンが利用できます。
順番待ちリスト(英語)⇒https://business.pinterest.com/en/get-list-buyable-pins

まとめ

スマートホンから通信販売を楽しむ消費者が増えているため、今後ソーシャルメディアでショッピングを楽しむ消費者の増加が予想できます。モバイルとソーシャルメディアの持つ手軽さが、新しいショッピング体験を主流にするでしょう。

参照元:Instagramピンタレスト
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. より多くの人々にあなたのコンテンツを信頼させる方法(2)
  2. 欧米の消費者はどのチャネルで製品を研究しているか
  3. Facebook、百万人の事業主にデジタルリテラシー訓練を約束
  4. 人工知能でコンテンツマーケティングを支援「MIERUCA」
  5. ライブ配信のタイミングとは?おすすめは定期的に配信すること
  6. LinkedInが変える!見込み顧客開拓への活用のメリット
  7. 米国のソーシャルメディアユーザの人口統計
  8. 10代スマホユーザーの3割が「QR決済」をする時代

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行