デジタルマーケティング

TwitterやInstagramで!おすすめのハッシュタグを3種類紹介

ソーシャルメディアでコンテンツを作成する際に、ハッシュタグを含めてコンテンツを投稿すると効果的です。友達同士で楽しむときはコンテンツの楽しさを演出するハッシュタグを自由に選定できますが、プロモーション用のコンテンツとなるとハッシュタグを簡単には選べません。ユーザーの注目を集める面白系ハッシュタグを使うのか、見込み客を確実に集める宣伝用のハッシュタグを使うのか、戦略的な視点が要求されます。

ハッシュタグは会話の糸口

ハッシュタグを設定することで、関連するトピックに関心があるユーザーを呼び込むことができます。適切なハッシュタグを使用すると、会話の糸口になることも。
そのとき話題に上った面白系ハッシュタグや、期間限定のハッシュタグを常に使う必要はありません。通常コンテンツで活用できるおすすめのハッシュタグは3種類に分けることができます。

おすすめのハッシュタグの種類3選

海外メディアSmart Insightsは「<a href="http://www.smartinsights.com/social-media-marketing/twitter-marketing/the-3-types-of-hashtags-you-should-use/” target=”_blank”>The 3 types of Hashtags you should use」で、おすすめのハッシュタグの種類3つを次のように紹介しました。括弧内はNikeがハッシュタグを使った場合の例です。

  1. ブランドに関連があるもの (#JustDoIt)
  2. ブランドのビジネスカテゴリに関連があるもの(#Running)
  3. ブランドに関連があるイベント (#LondonMarathon)

1の「ブランドに関連があるもの」は、NikeだとJustDoItというブランドのキャッチフレーズが選ばれています。企業オリジナルのハッシュタグを使うことで個性をだして目立ちましょう。

2の「ブランドのビジネスカテゴリに関連があるもの」は、ブランドが参入している業界でよく使われるハッシュタグです。ファッション関係なら#コーディネートや#トレンドなど、時期を問わずよく使われているハッシュタグを活用しましょう。

3のように「ブランドに関連があるイベント」のハッシュタグを使うのも鉄板です。ファッション業界なら#東京ガールズコレクションなどを活用して、その時期に注目を集めているイベントをコンテンツに取り入れましょう。

まとめ

海外メディアwersmでは、ハッシュタグを設定することでリツイート率が55%上昇すると紹介されました。エンゲージメントを高めるためにも適切なハッシュタグを設定しましょう。

参照元:Smart Insights
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookライブで投票を促す!いいねを使ったシンプルテクニ…
  2. 【コラム】LINEビジネスコネクトの導入によって、Webマーケテ…
  3. 2017年のTwitterマーケティング総復習
  4. LINEとワークスモバイルがビジネスチャットを提供予定
  5. Facebookページ、CTAボタンの機能強化で離脱率の低下を目…
  6. ソーシャルメディアマーケティングで来年何ができるか
  7. 購読者がビジネスメールをスパムと判断する理由
  8. 若年層に効果的なマーケティング戦略とは?

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行