デジタルマーケティング

ソーシャルメディアに投稿する画像付きコンテンツのアイデア3選

ソーシャルメディアは企業と消費者をつなげる重要な場所になっています。消費者と交流する機会を増やすために、頻繁にコンテンツを更新してソーシャル上の露出増加に努めている企業も多いはず。
毎日コンテンツを更新するとなると、ネタさがしに困っているマーケターもいるのではないでしょうか。さらに文字だけよりも画像を含んだコンテンツのエンゲージメントが高いこともあり、アイデアの捻出に時間がかかりますよね。

今回はコンテンツ作りにインスピレーションを与える画像を含んだ投稿事例を紹介します。

製品紹介コンテンツ

定番ですが製品やサービスを紹介するコンテンツは外せません。新製品の紹介だけではなく、セール品や人気商品、季節限定商品など、画像を使って消費者におすすめしましょう。購入ページのリンクをコンテンツに貼ることで、売上増加が見込めます。

空欄記入タイプのコンテンツ

ユーザーからのアクションを促したいなら、画像を使ってユーザーの想像力を掻き立てる工夫をしましょう。例えば画像に質問を書いて、答えの箇所を空欄にしておきます。ユーザーが回答を画像に記入できるようにすることで、ユーザーとの交流を楽しみましょう。

ネットラジオのiHeartRadioは年末に「あなたにとって2016年の曲は…」という画像を投稿し、画像の下線部分に好きな曲を記入するように促しました。質問の内容が企業の提供するサービスと一致しているかも重要なポイントです。

コンテンツで製品の名前募集

テレビCMや店内のチラシでキャラクターや製品の名前を募集していることがあります。そのアイデアをソーシャルメディアに持ち込んでみてはどうでしょうか。

ModClothは頻繁に製品の名前を募集しています。採用されたユーザーには、名づけた製品をプレゼントするなど特典付き。たまには報酬を決めてちょっとしたコンテストにするのもユーザーが楽しめておすすめです。

まとめ

他にもイベントの舞台裏を写したり、Surfaceのように新製品の一部だけを見せたりと画像コンテンツのアイデアは様々です。ユーザーと一緒にわくわくできるコンテンツ作りを楽しみましょう。

参照元:Small Business Trend
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LINE内で接客する「チャットBOTガイドサービス」が提供開始へ…
  2. ソーシャルメディアをもっとクリエイティブに使う方法
  3. ヤフーがIoTプラットフォーム「myThings Develop…
  4. 強力なSNS戦略を開発するための5つのヒント
  5. コンテンツをシェアしてもらいやすくなる3つのテクニック
  6. ピンタレストをビジネス活用するには?2つの事例を紹介
  7. 「ユーザー生成コンテンツ」がソーシャルメディアマーケティングを変…
  8. Twitterがファーストビュー動画の効果検証結果を発表

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行