マーケティング全般

Facebook、ライブ配信の音声版「Facebook Audio」を発表

Facebookは2016年2月、Facebook上でライブストリーミング配信ができる「Facebookライブ」を正式リリースしました。ライブ配信は臨場感がありユーザーを身近に感じやすいため、マーケティングで取り入れる企業が増加しています。
しかしライブ配信は電波が安定した場所で視聴する必要があり、一部ユーザーはライブ配信を満足に視聴するのに十分な環境を確保できませんでした。そこでFacebookは音声だけの生配信「Facebook Audio」を発表。生放送でユーザーと交流できる機会を拡大する新機能です。

Facebookがラジオステーションになる新機能

Facebook Audioを簡単に説明すると、Facebookライブの音声バージョン。音声だけの生配信が行える機能です。ラジオ番組やポッドキャスト、読み聞かせと言った配信スタイルの幅が広がります。

さらにFacebook Audioはより電波の弱い場所でも使用可能。ライブ配信は視聴場所や視聴機器によって満足に視聴できませんでしたが、視聴するハードルが低い音声配信なら視聴できるユーザーが増加して、企業とユーザーの交流が拡大する可能性があります。

Androidユーザーは、Facebookアプリから他のアプリに移っても音声配信を利用できます。iPhoneとiPadユーザーはFacebookアプリ上でないと音声配信を視聴できませんが、Facebook内を自由に閲覧しながら視聴可能とのことです。

まとめ

現在Facebook Audioは試験運用中で、徐々に対応ユーザーを増やしていくと伝えられています。まだテスト段階の機能のため活用方法は未知数。映像を出す準備が整っていないけどユーザーとつながりたいというときに音声配信が役に立ちそうです。

参照元:Facebook
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2017年を揺るがしたSNSのアップデートとその後
  2. 2018年のデジタルマーケティングのメガトレンド
  3. WEB担当者必見!オンラインキャンパス「schoo」
  4. TeamViewer、PTC の ThingWorx に統合され…
  5. Twitterがファーストビュー動画の効果検証結果を発表
  6. ビジネスキャンペーンにSNSを使用する前に
  7. 販売・開発パートナーを認定する「Marketing Partne…
  8. ショッピングカートの放棄率を下げよう

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行