マーケティング全般

バズるコンテンツとは?ソーシャルメディアを運用する際に知っておくべきこと

Facebookやtwitterをはじめ多くの企業が自社の認知拡大や販売促進を目的に活用しているソーシャルメディア。バズるコンテンツを発信しながら成果を上げていくイメージで運用を開始するも、「何を書いて良いからわからない」「ついつい売り込みになってしまう」など、コンテンツづくりには頭を悩ませている企業も多いのではないでしょうか。そこで本日はバズるコンテンツについてお話してみたいと思います。

バズるコンテンツをつくるためには

筆者自身ライターとして様々な企業と仕事をしていますが、「バズるコンテンツお願いします」と簡単に依頼されることがよくあります。しかし、バズるコンテンツとは上手い書き方をしただけで成立するものではありません。

バズるコンテンツは、まず人の感情を揺さぶることができなくては成立しませんから、そもそものネタの企画が大切。企業の場合は対象のバズコンテンツが企業の品格にふさわしいかなどコンテンツ以外の問題もたくさんあります。

バズるコンテンツづくりとは、見た目ほど簡単なものではなく企画者・制作者が一体となって作り出す労力のかかる仕事です。非常に高度な企画力・技術力がもとめられるケースもありコンテンツのボリュームも大切です。

大ヒットコンテンツから「バズる」を紐解く

現在は公式動画は非公開となってしまっていますが、車のタイヤ・ホイールを取り扱うオートウェイの動画「雪道コワイ」はソーシャルメディア上でも話題となり、500万回再生を超える大ヒットコンテンツとなりました。

まだご覧になったことがない方は「雪道コワイ」とYouTubeで検索して、関連動画を見てみてください。「雪道コワイ」は再生数が伸びただけでなく、対象動画をネタにした関連動画まで作られ、高い人気を誇っています。

競合ひしめくタイヤ業界においてマインドシェアを高めていくためには、非常に有効な手段だったのではないかと思います。これからバズるコンテンツを作っていきたいとお考えたの方は、ぜひ参考にしてみてください。

大切なのはトライ&エラーを繰り返し続けること

「これだ!」と満を持してリリースしたものが意外と効果がなかったり、期待してなかったものが想像以上にヒットすることがあります。そのため、バズコンテンツづくりは作って終わりではなくトライ&エラーの繰り返しという認識で行うことが大切です。

執筆者:マーケティングワールド編集部

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2017年にマーケターがチャットボットを取り入れるべき3つの理由…
  2. 自社のSNS炎上を回避!ソーシャルリスニングの具体的方法とは
  3. 人工知能でコンテンツマーケティングを支援「MIERUCA」
  4. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…
  5. スナップチャットでオンラインとオフライン両方の顧客と交流する方法…
  6. Googleで上位表示させるためには、長文記事が有利というのはウ…
  7. 若年層のSNS利用動向データから明確になったマーケティング戦略と…
  8. コマースリンクがGoogleショッピング広告の手間を大幅削減する…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行