マーケティング全般

見込客のメールアドレスや電話番号眠っていませんか?Facebookのカスタムオーディエンス

Facebookを活用している企業にとって大きな力となりつつあるFacebook広告。しかし、自社でSNSを運用している企業の場合、その機能をしっかりと使いこなせていないという方もいらっしゃると思います。そこで本日はFacebook広告をより有効活用するための機能の一つ「カスタムオーディエンス」についてお話してみたいと思います。

Facebookのカスタムオーディエンスとは何か?

カスタムオーディエンスとはメールアドレスや電話番号などの顧客データとFacebookのアカウント情報を照合して広告表示することができるという機能。つまり、Facebook外で取得した顧客情報もFacebook広告の対象にして配信することができるというものです。

例えば、セミナーやイベントで交換した名刺内の情報。資料請求などの際に取得したメールアドレス。これらのデータをFacebookに登録することで、休眠してしまっていた見込客にアプローチできるようになります。

カスタムオーディエンスの効果は?

インターネット広告におけるコンバージョン(成約)は、ターゲットとのエンゲージンメントが効果を左右します。カスタムオーディエンスはすでに接点のある顧客に対して、Facebook上で再アプローチすることができるという機能ですから、普通に広告を出稿するよりも高い効果が見込めます。

しかし、このカスタムオーディエンスにおいて気をつけたいのが顧客情報の取り扱い同意。広告配信においてはユーザーに対し広告主が利用する同意を得た上で実施する必要があります。

カスタムオーディエンスの使い方

カスタムオーディエンスの使い方は非常に簡単。Facebook内にある広告マネージャのオーディエンス機能よりCSVまたはTXT形式で顧客情報をアップロードするだけ。特殊な操作は必要なく、費用もかからずに活用できる機能なので「見込客のメールアドレスや電話番号が社内に眠っている」という方は積極的に活用してみてください!

執筆者:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ポケモンGOに学ぶコンテンツづくりとマーケティング戦略
  2. 製品紹介に最適なインフルエンサーの見分け方。ジャンル外の人材も視…
  3. 【コラム】LINEビジネスコネクトの導入によって、Webマーケテ…
  4. 世界の大企業はIoT(モノのインターネット)をどう実現しているか…
  5. Facebookがスライドショー広告に新機能を追加
  6. Instagram、ストーリー内の広告適用範囲を世界的に拡大
  7. Googleにランクインするまでにかかる時間
  8. Twitterが280字入力をテスト中

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行