デジタルマーケティング

Instagramが新機能導入!コメントオフでコンテンツだけを目立たせよう

Instagramは12月6日(現地時間)、ユーザーが快適にInstagramを利用できるように新しい機能を3つ導入しました。コメント管理機能とフォローしているユーザーのアンフォロー、自傷行為を投稿したユーザーへの匿名サポートです。今回はコメント管理機能を中心に紹介します。

コメント機能オフが可能に

新しく導入されるコメント管理機能で、コメント機能のオフが可能に。Instagramの公式ブログは、記事だけを目立たせたいときにこの機能を使用して欲しいと推奨しています。キャンペーン用のコンテンツで、記事の内容だけに注目して欲しいときに活用しましょう。

ab

コメントオフ機能を使用するには、コンテンツの投稿で共有画面まで進み「詳細設定」をタップします。次に上の画像にあるコメントのオフを有効にしたら完了です。全体設定ではなく投稿コンテンツごとに設定可能。別でコメントを集めたいコンテンツがある場合も安心です。

またコメント管理機能では、コンテンツに集まったコメントにハートを送る機能が導入されます。Instagramはコメントにハートを送ることで、良いコメントを目立たせて悪い影響を与えるコメントとの差別化を狙っているとブログで言及しました。
ユーザーのアクションに応えるとユーザーは企業に特別感を抱きやすくなるため、会話の窓口として活用していきたい機能です。

アンフォロー機能も追加

いままでユーザーのフォローを外すときは、ブロックするしか方法がありませんでした。この方法は過剰に相手を刺激してトラブルになりやすいという側面がありましたが、今回の新機能でフォロー解除機能が導入され、相手をブロックせずにアンフォローが可能になります。
この機能はプライベートでInstagramを使用しているユーザーに主に役立つ機能ですが、企業アカウントも間違ってユーザーをフォローしてしまった場合などに活用可能です。

まとめ

今回の新機能は、ユーザー間の関係が健全に保たれるように導入されました。マーケティングの面でも、消費者とより安心して会話できる機能がそろったのではないでしょうか。

参照元:Instagram
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. A/Bテストって必要?絶対に行うべき3つのメリット
  2. 「gooラボ」からスマホサイトの自動レイアウトチェックサービスを…
  3. LinkedInが変える!見込み顧客開拓への活用のメリット
  4. ヤフー株式会社が、スマホ・タブレット端末向けの無料カーナビアプリ…
  5. 楽天オークションが運営終了へ。ヤフオクの牙城を崩せず。
  6. 「たべみるオンデマンド」で食のニーズをとらえたマーケティングが可…
  7. 老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算…
  8. インテージがマーケティング支援データの連携活用サービスを開始へ

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行