デジタルマーケティング

DACの「トークサポート」提供開始によりLINEでの顧客サポートが実現へ

DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)株式会社は、LINEビジネスコネクト対応の「DialogOne」にて、ユーザーからの問い合わせをLINEトークで完結させる「トークサポート」の提供開始を2016年12月5日発表いたしました。早速、株式会社マウスコンピューターに第一弾が導入されています。 

導入のメリット

トークサポートを導入することによるメリットとして、まずは効率的な問い合わせ処理が挙げられます。LINEトークではテキストだけに頼らず画像の送信も簡単に行えるため視覚的な対応も容易になり、よりスムーズで正確な対応が可能となります。また、トーク画面には対応履歴が残るため同じユーザーから問い合わせがあった際にはスピーディーに過去の履歴が参照できることも対応を手助けします。履歴が参照できるので担当者の引継ぎも非常にスムーズに行えることでしょう。 

要望に応じてカスタマイズ可能

トークサポートは導入企業からの要望に応じたカスタマイズが可能となっています。企業の事業環境に合わせたシステムを作り上げることで、顧客対応を独自に効率化させることが可能です。マーケティングの効率化を図るには非常に便利なシステムだといえるでしょう。 

まとめ

企業には毎日多くの問い合わせが飛び込んできますが、対応する担当者が変わるだけでスムーズな対応が難しくなるケースも多々見受けられます。そういった問題の解消にもなり、1件あたりの対応時間の削減にもつながります。トークサポートの導入は顧客対応、マーケティングの効率化に大きな力となってくれることでしょう。 
 
参照元:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 株式会社Showcase Gigの運営するサービス「O:der」…
  2. TwitterがTweetstorm機能をテスト中
  3. Facebook、ニュースフィードの新アルゴリズムを発表
  4. Instagramで利用可!Facebook提供パワーエディタで…
  5. Windowsアプリでインスタグラム配信開始!パソコンから投稿が…
  6. 現金を使わない無人コンビニ「ロボットマートのアプリがリリース
  7. VineがVine Cameraへ。動画マーケティングの後押しに…
  8. 電通がインティメート・マージャーと提携し「Dentsu.io」の…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行