デジタルマーケティング

サイバーエージェントが子会社を新設しVR関連の開発・運営を開始へ

株式会社サイバーエージェントはVR関連の事業を担う子会社として、株式会社VR Agent(ブイアールエージェント)を設立したことを2016年12月1日発表いたしました。今後急速に拡大して行くと予想されるVR業界へ、日本を代表するIT企業が満を持しての本格参戦となります。 

VRとは

VR(バーチャルリアリティ)は近年じわじわと話題になっているので多くの人が言葉くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。IT関連の人間であれば数年前から今後の主力ビジネスとして注目している人も多いはずです。VRは日本語にすると「仮想現実」となり、その言葉通りあるはずのない現実を理工学的に作り出す最先端の技術です。 

VRコンテンツの受託開発も開始

サイバーエージェントが子会社を設立してまで本格参戦することになるVR関連事業では、これまでもVRモード搭載のスマートフォンアプリなどでコンテンツ制作を行ってきました。そういったこれまでの技術や経験を活かし、VR関連の受託開発やサービスの開発・運営を行っていくことになります。 

まとめ

これまでVR関連では大きなアクションを起こしてこなかったIT大手のサイバーエージェントが、ついに本腰を入れて動き始めたことで日本でのVR事業の成長はさらにスピードを増していくことでしょう。これまでにVR関連の技術や経験のない企業は、この機会にVR Agentのノウハウを借りてVR事業へ参戦することも先を見据える意味では良いタイミングなのではないでしょうか。
 
 
参照元:サイバーエージェント
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 「たべみるオンデマンド」で食のニーズをとらえたマーケティングが可…
  2. 動画を使ってホームページやブログへのトラフィックを増やす方法
  3. GoogleChrome愛用者必見!Twitterマーケティング…
  4. 業界初の半自動チャットボットとは?
  5. 凸版印刷が、バーチャル試着アプリ「DressMe!」の提供をスタ…
  6. オンラインで顧客サービスをパーソナル化するための6つのヒント
  7. 多忙な経営者向けソーシャルメディア戦略
  8. 動画コンテンツソリューション「Cxense Video」が日本で…

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行