デジタルマーケティング

製品をライフスタイルに溶け込ませたコンテンツでユーザーの想像力を掻き立てる

Instagramは月5億人のアクティブユーザーを持ち、1日に9,500個のコンテンツが投稿されています。それにも関わらず、Instagramを使ったマーケティングを避けている企業は多いです。
理由の1つとして、Instagramは画像を中心にしたプラットフォームのため、製品のアピール方法に悩んでいるということが挙がるのではないでしょうか。

今回は画像中心のマーケティングに不慣れな企業向けに、Instagramを使ったマーケティング事例を紹介します。

製品ではなくライフスタイルに注力した画像を投稿

Camp Brand Goodsはアウトドアやアドンベンチャー、旅行といったライフスタイルをテーマにしたファッションブランド。特別な製品を販売するだけでなく、ライフスタイルの提案もしています。

画像主体のInstagramは、ブランドの世界観を表現するのに理想的なプラットフォーム。同社は製品を中心にした画像ではなく、提唱するライフスタイルに製品を溶け込ませた画像を投稿しました。
画像を使用して製品の宣伝を行うなら、ユーザーがその製品を使ってどのように生活するかイメージを持ってもらいやすいアプローチ方法がおススメです。

Camp Brand Goods(Instagram)⇒https://www.instagram.com/campbrandgoods/?hl=ja

ハッシュタグを使ったコンテストはインフルエンサーで効果増

Instagramではハッシュタグを使ったコンテストも効果的です。
Camp Brand Goods はフォロワーのエンゲージメントを増加させるために、#keepitwildコンテストを開始しました。このコンテストでは、ハッシュタグをつけて一番オリジナリティのある写真を投稿したユーザーを毎週選出し、賞品として同社のTシャツを送っています。
さらにコンテストの認知度を高めるために、アウトドア業界でよく知られるインフルエンサーとコラボしました。

まとめ

今回のケースで重要な点は次の3つです。

  • 製品だけの写真ではなく、その製品を使ってどのような生活を送るか想像できる写真を使う
  • ターゲット層が興味を持つコンテストを開催する
  • 企業と関連があるインフルエンサーとパートナーシップを結ぶ

Instagramでマーケティングを行うときの参考にしてください。

参照元:business.com
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. モバイルマーケティングを制するにはInstagramとYahoo…
  2. エンゲージメント率アップ!画像やビデオを取り入れた消費者レビュー…
  3. ツイートボタンを活用!消費者に製品の推薦をTwitterで促す方…
  4. 有償広告を使わずにFacebookで顧客とつながる方法
  5. Pathって何?日本では流行するの?
  6. Facebookニュースフィードからの企業締め出しは、悪いことで…
  7. スナップチャットは、Facebook・twitter・LINEの…
  8. 動画広告の成功をどう測るか

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行