Webマーケティングニュース

グーグルが新ツールをリリース。モバイルフレンドリー対応度をチェックしよう!!

Googleから新たなWebサイトテストツールがリリースされました。この新ツールではモバイルフレンドリー対応度だけでなく、デスクトップページとモバイルページの表示速度をまとめて計測できるようになっています。

使い方はとても簡単。テストしたいサイトのURLを入力し、開始ボタンをクリックするだけで3つのテスト結果が一発で表示されます。使ってみるとわかりますが、この3つのテスト結果をワンクリックで得られるというのは地味に便利で感動的です。

すでに常識となっている、モバイルフレンドリー対応

モバイルフレンドリーとはスマホ対応という意味ですが、現在のWeb業界ではもはや常識となっています。今回のツールではボタンのタップのしやすさや、スマホの小さな画面の中でわかりやすくナビゲーションされているかなどが100点満点で採点されます。モバイルフレンドリーというテーマは現在Googleが強化している部分でもあるので、SEO的にも見逃すことはできないでしょう。

表示速度の改善は、いつの時代も重要課題

表示速度についてはあまり意識していないサイト運営者が意外と多いように感じます。しかし、本当にユーザー満足度を高めようと思っているのなら避けては通れない課題なはずです。なかなか腰が重くなる課題ではありますが、非常に重要なポイントであることは間違いありません。表示速度の改善は以前からずっと問題視されていますが、サイト閲覧がスマホメインになった現在では重いサイトはどんどん避けられているので、いよいよ本格的に対策が必要な時期になったといえるでしょう。

Mobile_Website_Speed_Testing_Tool_-_Google

まとめ

サイト運営者にとってユーザー満足度は永遠のテーマです。その中でもモバイルフレンドリーや表示速度というのは現代のトレンドと言えます。トレンドをしっかりと押さえることも効果的なWebマーケティングの一環なので、まずはあなたのサイトをテストしてみてはいかがでしょうか?

参照元:think with google
執筆者:竹内洋樹

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 株式会社Showcase Gigの運営するサービス「O:der」…
  2. 保険相談ナビがAIによるWeb接客を導入
  3. Crevoの実写映像制作サービス提供で動画マーケティングがより身…
  4. WEB接客プラットフォームSprocket
  5. フェイスブック事業モデルに転機
  6. 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが、国産の静的Webコンテン…
  7. ピンタレストが新機能「ギャラリー」導入。カルーセル表示でおすすめ…
  8. サイバーエージェントが動画制作スタジオ「STUDIO CRAV」…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行