Webマーケティングニュース

ヤマト運輸、ライン公式アカウントに新サービス「荷物問い合わせ」機能を追加

クロネコマークでお馴染みのヤマト運輸が、2016年1月にスタートさせたLINE公式アカウント。そして6月27日、ヤマト運輸のアカウントにLINEのトークを使った「荷物問い合わせ」機能が新しく追加されました。

利用者の要望に応え、新機能追加

これまでもヤマト運輸のLINE公式アカウントではLINEを使って配送予定日時の通知、配達時の不在通知といった機能を使うことができましたが、「荷物問い合わせ」に関しては従来通りWebサイトから行う必要がありました。

そこで、利用者から「ならばLINEですべてできるようにして欲しい」との要望が多数あり、今回のサービス追加に至ったということです。ちなみにこのサービスは、LINEにてQRコードもしくはID検索で「ヤマト運輸 LINE公式アカウント」を友だちに追加すれば使うことができます。

配送中の荷物の場所などを、トークで答えてくれる

LINEには会話AIが使われており、トーク画面でお互いに会話でのやりとりが可能になっています。「配送中の荷物はいまどこにある?」と尋ねれば、ヤマト運輸がトークで答えてくれます。受け取り日時の変更や配送料金なども会話しながら答えてもらうことができるため安心です。

まとめ

LINEを使い慣れている人にとってヤマト運輸のサービスは非常に魅力的でしょう。気になったときにすぐレスポンスをもらえる便利さは、使えば使うほど実感できるのではないでしょうか。LINE公式アカウントはこのほかにも様々な活用方法があるため、特に20代〜30代向けのビジネスを展開している企業はチェックしておきたいところですね。

参照元:ヤマト運輸
執 筆:マーケティングワールド編集部

ーーー

Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 2/24(土)のガンバ大阪vs名古屋グランパス戦でLinkRay…
  2. ソフトバンクが効果的な広告配信プラットフォームを提供開始
  3. Google、インフルエンサーと企業を繋げるプラットフォーム「F…
  4. 神奈川県横須賀市が、地域活性化のためにポケモンGOを積極活用しは…
  5. Googleで上位表示させるためには、長文記事が有利というのはウ…
  6. 「CA本部DSP」のネイティブ動画フォーマットへの対応が実現
  7. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…
  8. A/Bテストって必要?絶対に行うべき3つのメリット

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行